Home > CSR > 環境 > 環境目標と活動実績

環境目標と活動実績

2012年5月に改定したNisshaグループの環境目的では、2014年度までの3年間の全社環境中期目標を定めています。初年度にあたる2012年度は、各取り組み単位が環境目標を定めて、全社の目標である環境目的達成を目指し取り組みました。
地球温暖化防止の取り組みでは、ナイテック・プレシジョン・アンド・テクノロジース(NPT)の量産が2012年度下期から本格化したことが影響し、NisshaグループのCO2総排出量は増加しましたが、生産量あたりのCO2排出量を示すCO2排出率は、Nisshaグループ全体で目標を達成しました。
有機溶剤の使用率低減については、ナイテック工業(NII)の生産量減少や小ロット化が影響し達成できませんでした。また、廃棄物の有価物化の取り組みでは、NIIの廃溶剤の有価物化に成果がありましたが、全社では目標に届きませんでした。一方、NII甲賀工場での消費電力量を管理するデマンド計の設置、ナイテック・プレシジョン(NPI)加賀工場での省エネタイプの冷温水ポンプ更新および遮熱塗料使用、ナイテック印刷(NPC)八千代工場での乾燥装置の断熱施行など、生産現場での工夫が省エネ取り組みの大きな成果に結びつきました。このような社内での取り組みのほか、サプライヤー監査の実施や、社員が地域の小学校・保育園に出向いて行う「環境学習」の実施なども行いました。

Nissha環境目的(2012年4月~2015年3月)

対象:国内Nisshaグループ(以下、「全社」と表記する)

1.地球温暖化防止
基準:2011年度実績平均値
2014年度までにCO2排出率(原単位)を、全社で3%以上削減する
(1) 日本写真印刷(本社・支社)、関係会社および工場は、業務改善(効率改善)、品質改善により、生産量などをベースにした原単位で、CO2排出率を毎年 前年度比 1%以上削減する
※省エネ法「特定事業者」に該当する会社は、省エネ法で報告した原単位を基準とする
※支社は床面積や社員数をベースにした目標でも良い。
2.廃棄物の削減
基準:2011年度実績平均値
2014年度までの廃棄物発生率(原単位)を、全社で3%以上削減する
(1) 廃棄物の発生抑制
日本写真印刷(本社・支社)、関係会社および工場は、業務改善(効率改善)、品質改善により、生産量などをベースにした原単位で、廃棄物発生率を毎年 前年度比 1%以上削減する
※ CO2排出率原単位と同じ指標をベースに設定する
※ 工場は不適合品率や直行率を目標にしても良い
(2) 廃棄物の有価物化推進
支社・工場ごとに有価物比率の目標値を設定し、廃棄物の有価物化に取り組む
※ゼロエミッションは維持管理とする。
3.有害化学物質の削減
(1) 製品含有化学物質の管理・削減 (Nisshaグループ環境管理物質管理基準[最新版]に基づく)
禁止物質 : 0件を維持 
含有管理物質 : 代替化による削減
※2012年度実態調査に基づき、関係する組織は2013年度以後に目標値を設定する
(2) 工場及び開発部での有機溶剤の使用率低減
{ (使用量又は購入量)/(生産量又は処理量) }の低減に取り組む(目標値は各工場で設定する)
4.KPIの中での環境保全活動
開発、設計、主材料・副資材の購買、生産、輸送、営業の各機能による環境改善
(1) 製品の環境配慮設計
(2) 環境に配慮したサービスの提供
(3) 環境に配慮した主材料や副資材、生産方法、物流の選択
(4) 環境に配慮した設備の導入

活動実績

地球温暖化防止

基準:2011年度実績平均値 ※基準は省エネ法に基づく
2014年度までに2011年度比3%以上のCO2排出率(原単位)削減を、全社で達成する

活動実績「地球温暖化防止」

廃棄物の削減

基準:2011年度実績平均値
2014年度までの廃棄物発生率(原単位)を、全社で3%以上削減する

活動実績「廃棄物の削減」

有機溶剤の使用率低減

活動実績「有機溶剤の使用率低減」

業務の中での環境保全活動

開発、製品設計、主材料・副資材の調達、生産、輸送、営業の各機能による環境改善

活動実績「業務の中での環境保全活動」