環境目標と活動実績

2015年4月に制定したNISSHAグループ環境目的は、2015年度から2017年度までの3年間の国内NISSHAグループの環境中期目標です。2016年度はその中間年度にあたります。各工場や取り組み部門がそれぞれの環境目標を達成することにより、環境目的の達成を目指しました。

NISSHAグループ環境目的

1. 汚染の予防
目標:環境事故 0件(環境事故は、工場外にまで影響を及ぼすものを指す)
2017年度末までに、環境リスクの「可能性」を下げる(リスクレベルを一段階下げる)


認証取得範囲のサイトは、ハザード評価リストでH2以上と評価された環境リスク(注1) に対してリスク低減対策を行う (リスクレベルを一段階下げる取り組みを行う)
  ※対策実施後、ハザード評価で重大性が変化しない場合もある
  ※H2以上は、ハザード評価リストでリストアップした工場外にまで環境影響が及ぶハザード
     を指す
  ※H2は従来の維持管理項目にあたる。定められた手順により対応に努めること
(注1) 環境ハザードのリスクレベルを「重大性」と「発生の可能性」からマトリクスで 9段階に評価した値
          (リスクレベルの高い順に、VH、H1、H2、H3、H4、L1、L2、L3、VL)


2. 地球温暖化防止
目標:2017年度までに
CO2排出率(原単位)を3%以上削減する 
基準:2014年度実績平均値
省エネ法「特定事業者」に該当する会社は、中長期計画に記載した対策項目を実施する

認証取得範囲のサイトは、業務改善(効率改善)、品質改善により、生産量などをベースにした原単位で、CO2排出率を毎年 前年度比 1%以上削減する
  ※各組織はKPI、品質目標を環境目標に設定してもよい
  ※省エネ法「特定事業者」に該当する会社は、省エネ法で報告した原単位を基準とする
  ※取り組みによる増減把握には、排出係数としてデフォルト値(0.555kg-CO2/kwh)を使用する

3. 廃棄物の削減
目標:2017年度までの廃棄物発生率(原単位)を、全社で3%以上削減する
基準:2014年度実績平均値

(1) 廃棄物の発生率抑制
認証取得範囲のサイトは、業務改善(効率改善)、品質改善により、生産量などをベースにした原単位で、廃棄物発生率を毎年 前年度比 1%以上削減する
  ※各組織はKPI、品質目標(不適合品率や直行率など)を環境目標に設定してもよい
  ※ CO2排出率原単位と同じ指標でなくても良い(生産メーターでなく生産件数でも良い)
(2) ゼロエミッションの推進
達成している事業場は、維持管理とする。未達成の事業場は、ゼロエミッション達成に取り組む。
(3) 廃棄物処理コストリダクションの推進
二社購買・三社購買の推進および有価物化の取り組みによりコストリダクションを実践する。

4. 有害化学物質の削減
目標:認証取得範囲のサイトでの有害化学物質の使用率低減

{ (使用量又は購入量)/(生産量、処理量または件数) }の低減に取り組む
(目標値は認証取得範囲のサイトで設定する)

5. 設計段階での環境視点
目標:製品設計段階に省エネ・省資源・耐久性・リサイクルなどの視点を取り込む
生産工程設計段階で環境に配慮し、生産における環境負荷を低減する

2016年度の実績と評価

1. 汚染の予防

評価
実績 ISO14001認証取得サイトは、環境リスクマネジメントとリスク低減対策に取り組んでいます。2015年度にすべての対象サイトのリスクを一段階下げることを達成し、維持継続しています。2016年度は、対策の中でも薬液漏洩訓練や緊急事態訓練などを重点的に実施し、雨水管理も継続的に行っています。その結果、前年度に引き続き環境事故0件を維持し、環境目的を達成しました。

2. 地球温暖化防止

評価 ×
実績 CO2排出量原単位管理の取り組みは、国内NISSHAグループ主要サイトの2015年度実績を1.00とした場合、2016年度は2.00となり、0.99以下とする目標値を達成できませんでした。主な要因は、ナイテック・プレシジョン・アンド・テクノロジーズ(NPT)加賀工場の、生産内容の変化によるものです。加賀工場を除いたサイトは、0.83となり目標を達成しています。
工場ごとの実績を見ると、NPT姫路工場が生産量の増加と小集団活動による効率改善により、大幅に改善しました。ナイテック工業(NII)甲賀工場は、生産量は横ばいでしたが、小集団活動の効率改善取り組みが功を奏し、原単位数値が改善しています。ナイテック印刷(NPC)は、原単位目標に対して未達でした。オフ輪作業の外部委託に伴う生産量減少に併せて、効率改善に取り組みましたが、原単位の改善にはつながりませんでした。NISSHAは、本社構内整備に伴う延べ床面積の減少により、目標に対して未達になりました。
CSR委員会環境安全部会は、2017年度も、この原単位管理をマテリアリティ(重要課題)にひもづく取り組みとしました。品質活動とより連動する新たな原単位の設定を目標として、改善活動を継続していきます。

3. 廃棄物の削減

評価 ×
実績 廃棄物削減の取り組みは、国内NISSHAグループ主要サイトの2015年度の廃棄物発生量原単位を1.00とした場合、2016年度は1.26となり、前年度比 1%以上を削減するとの目標を達成できませんでした。主な要因は、NPT加賀工場の生産内容の変化による効率の悪化です。加賀工場を除いたサイトは0.91となり、目標を達成しています。
工場ごとにみると、NPCを除く各サイトは目標を達成しました。NPCは、業務効率改善による廃棄物削減効果もみられましたが、目標達成に至りませんでした。
ゼロエミッション達成(再生資源化率99.5%以上)については、NPT加賀工場で、埋め立て廃棄物の排水汚泥削減取り組みを維持強化しています。再生再資源化率は、2014年度88.1%、2015年度91.8%、そして2016年度は97.5%と着実に上昇しており、2017年度のゼロエミッション達成を目指しています。

4. 有害化学物質の削減 

評価
実績 有害化学物質の削減は、NPT姫路工場が現像液や剥離液のライフタイム延長に取り組み、生産量を用いた原単位目標を達成しました。NPT加賀工場は、目標未達成でした。NII甲賀工場は、トルエン・キシレンなどの有機溶剤の使用率削減に取り組みましたが、目標に対して未達となりました。

5. 設計段階での環境視点

評価
実績 2015年度から、新たな取り組みとして、環境配慮設計を環境目的に追加しました。これは、製品や生産工程の設計段階に、環境配慮や環境負荷低減の視点を取り入れるものです。2016年度は、エフアイエス(FIS)で環境評価シートを試験的に導入し、効果を測っています。NPT姫路工場は、基材の薄層化の取り組みに着手しました。

Page top