知的財産の取り組み

知的財産についての考え方

日本写真印刷は「企業倫理・コンプライアンス行動マニュアル」のなかで「知的財産の保護」を重点項目のひとつに掲げ、第三者の知的財産を尊重するとともに、自社の知的財産の権利化と活用に積極的に取り組んでいます。
「知的財産の保護」は、事業部の業績拡大および新規事業の優位性確保を目的として、知的財産部が中心となって進めています。Nisshaグループ全体の知的財産戦略の策定と、社内での知的財産権確保の対応に努めています。

知的財産の保護における基本方針
(企業倫理・コンプライアンス行動マニュアルより)

  1. 当社の技術やブランドなどを重要な知的財産として、必要な管理を行います。
  2. 業務を通じて生じた発明は、社内規程に基づき届け出ます。
  3. 他者の知的財産権を尊重し、侵害しないように努めます。

取り組み内容

特許出願の促進

開発部門で新しく生み出される技術は、特許出願により権利化を目指しています。グローバル化が進む事業展開に対応していくうえで、日本だけではなく海外でも特許出願が必要となります。また、技術開発の促進と特許化は、独自技術を採用したNissha製品と他社製品との差別化を進めることにつながります。これは、他社技術の不適切な利用の抑制も意味するので、お客さまにとっても、Nissha製品に起因する知的財産にかかわるリスクを軽減することになります。

他社特許の監視

Nissha製品が他社の特許権を侵害することがないように、定期的に他社特許を調査し、継続的に監視しています。他社特許の監視は、特許データベースに調査対象を検索式として登録し、定期的に調査結果を得ることができるSDIシステム(Selective Dissemination of Information)を利用しています。

知的財産研修会の開催

知的財産社内研修会の様子 講師:大阪工業大学准教授・弁理士 五丁龍志氏 業務委託先:中央光学出版株式会社

社員が知的財産への理解を深め、適正に保護することができるよう、社内において知的財産研修会を開催しています。知的財産研修会は社外の専門家を招き、知的財産制度に対する理解を深めること、他社特許の調査手法を学ぶこと、技術開発を促進し特許出願を行うことなどを内容として、入門編・基礎編・中級編・特別編の4コースに分け実施しました(2016年度)。また、当社の知的財産部員が講師を務める研修会も行っています。
知的財産社内研修会の様子
講師:大阪工業大学准教授・弁理士 五丁龍志氏
業務委託先:中央光学出版株式会社

Page top