人材育成

Nisshaグループは「人材=最も重要な経営資源」と位置づけ、「会社にとって必要な経験や能力を持つ人材の育成」と「社員一人ひとりの成長支援」を積極的に行い、会社と社員がともに成長できる企業を目指しています。

人材育成基本方針

企業の成長のために必要な人材を計画的に育成するとともに、社員の自発的な能力開発を積極的に支援し、「会社」と「社員」がともに成長していくことを目指す。

基本的な考え方

Nisshaグループでは、「計画的人材育成」「能力開発(支援)」「キャリア開発」という3つの領域から人材育成をとらえ、それぞれに、「研修制度」「職場での指導(OJT)」「中長期的なキャリアパス」「人事諸制度の整備」といった視点から、包括的な人材育成の推進を目指しています。

人材育成モデル図

人材育成モデル図


計画的人材育成:経営ビジョン(成長戦略・事業継続・風土醸成等)を実現するために、
計画的に必要人材を育成し、確保する

能力開発:個人が自らの市場価値を高めるために、自ら能力を開発する
→会社側から、それを支援することで、 当社の人材力を高める

キャリア開発:社員の中長期的なキャリア形成を支援し、ありたい姿への成長を促進する
(キャリア形成の重要性に対する気づきと、場を提供する)

研修体系図

研修体系図

教育のテーマ

領域 研修
計画的人材育成 Nissha Academy(次世代幹部候補等の選抜型研修)、階層別研修、管理職研修、海外赴任者研修 など
能力開発 テーマ別研修(リーダーシップ、問題解決手法等)、外国語研修、会計教育、TOEIC社内実施、通信教育 など
キャリア開発 若手社員年次別教育(入社1年・2年・3年次)、キャリアデベロップメント研修 など

選抜型人材育成の強化

2013年度に高度・専門的な人材育成を強化するため社内大学Nissha Academyを設立しました。それまで実施してきた階層別・テーマ別、キャリアデザイン等の研修は継続的に拡充する一方で、高度・専門的な内容の教育を選抜制で行っています。

例えば、経営戦略、アカウンティング、ファイナンス、マーケティング、人事など、経営戦略の立案と実行に関わる知識やスキルを学ぶ「Business School」や、技術と経営を結び付け新規事業を創出するリーダーを育成する「MOT School」を開講しているほか、2015年度には戦略的、かつ科学的なアプローチからものづくりを実践するリーダーの育成を目指し、「Monozukuri School」を新設しました。それぞれのスクール卒業後には、プロジェクトへの参画や、中期経営計画の立案に携わるなど、学んだことを実践する場を積極的に提供し、「計画的人材育成」「能力開発」「キャリア開発」の3つの領域を一気通貫した人材育成プログラムを展開しています。

一方で、Nissha Academyの入門編として、経営、アカウンティング、マーケティング等の基礎的な内容を短期集中で学ぶ社内選抜研修「ビジネスリテラシー研修」を2015年度に開講しました。この研修も、知識のインプットに留まらず、学んだ内容を使ったグループワークや個人レポート作成を通して自社の現状分析や課題の検討を行う実践的な内容となっています。

選抜型人材育成体系

社員の自発的な学習・成長意欲に応えるための施策

これまで必須型で行ってきた一般職~管理職までの階層別教育に加え、一般職の最高等級への昇格を目指す社員が自ら応募して受講する「チャレンジプログラム」を導入しました。これは「自らキャリアを選択する」という人事制度の主旨に沿った施策で、自ら一般社員の最高等級へのキャリアアップを目指す社員に対して、リーダーシップに関する学習機会を提供しています。

その他の育成施策においても、「自ら学ぶ」意欲がある社員を支援しています。たとえば、個人の自己啓発テーマに応じて自ら応募して受講する「公募型研修」として「論理的思考力」「プレゼンテーション」など汎用的なビジネススキルを学ぶ研修を多数開講しているほか、グローバル企業の社員として必要な語学力を身に付ける研修も、同主旨に沿って実施しています。さらに、通信教育やスカイプなどの自己啓発プログラムも用意しており、修了した者に半額補助を行う自己啓発補助制度で自発的な学習を支援しています。

2015年度研修実績

2015年度に国内Nisshaグループで実施した主な研修の総時間と、一人あたりの研修時間(男女別)は下表の通りです。

  男性 女性
年間研修時間 (H) 23,106 7,375 30,481
社員一人当たりの研修時間* (H) 11.9 17.3 12.9

*国内Nisshaグループの正社員数をベースに算出

Page top