編集方針

NISSHAグループは、ステークホルダーのみなさまとのコミュニケーションツールのひとつとして、CSR報告書を毎年発行しています。2018年版 は、当社グループの2017年度(2017年4月~2017年12月)の取り組みや実績を、以下の編集方針に沿って制作しています。

参考としたガイドライン

・GRIサステナビリティ・レポーティング・スタンダード: 中核(CORE)オプションに準拠
・ISO26000
・環境省 環境報告ガイドライン(2012年版)

報告対象期間

2017年4月~2017年12月を中心に、一部2018年1月以降について記載しています。

発行時期

2018年3月発行
(前回発行2017年6月、次回発行予定2019年4月)

報告対象範囲

原則としてNISSHAグループ全体の活動やデータを中心に掲載していますが、グループ全体を把握できていない項目については、個別に対象範囲を記載しています。また、NISSHA株式会社を「当社」、NISSHA株式会社を含むグループ企業全体を「NISSHAグループ」と総称します。本社と本社敷地内の関係会社にかかわる内容については「本社」と記載しています。当社の事業部とそれぞれの主な関連会社は下記に示す通りです。
なお、サプライチェーンに関しても、重要な取り組みについては報告に含めています。

主な関係会社と事業内容

名称 主要な事業の内容
ナイテック工業株式会社 産業資材
ナイテック・プレシジョン・アンド・テクノロジーズ株式会社 ディバイス
NISSHAエフアイエス株式会社 ディバイス
NISSHAサイミックス株式会社 ディバイス
mui Lab株式会社 ディバイス
日本写真印刷コミュニケーションズ株式会社 情報コミュニケーション
ナイテック印刷株式会社 情報コミュニケーション
NISSHAエフエイト株式会社 情報コミュニケーション
株式会社エムクロッシング その他
NISSHAビジネスサービス株式会社 その他
Nissha USA, Inc. 産業資材、ディバイス
Eimo Technologies, Inc. 産業資材
Nissha Si-Cal Technologies, Inc. 産業資材
Nissha PMX Technologies, S.A. de C.V. 産業資材
Graphic Controls Acquisition Corp. メディカルテクノロジー
Graphic Controls Ltd. メディカルテクノロジー
Nissha Europe GmbH 産業資材、ディバイス
Nissha Schuster Kunststofftechnik 産業資材
Nissha Back Stickers 産業資材
AR Metallizing N.V. 産業資材
AR Metallizing S.r.l. 産業資材
AR Metallizing Ltd. 産業資材
Nissha ARM Embalagens Trading Do Brasil Ltda. 産業資材
Málaga Produtos Metalizados Ltda. 産業資材
Nissha Korea, Inc. 産業資材、ディバイス
日写(深圳)商貿有限公司 産業資材
日写(昆山)精密模具有限公司 産業資材、ディバイス
広州日写精密塑料有限公司 産業資材
香港日寫有限公司 産業資材
Nissha Industrial and Trading Malaysia Sdn. Bhd. 産業資材
Nissha Precision Technologies Malaysia Sdn. Bhd. 産業資材
Nissha Vietnam Co., Ltd. ディバイス

主な報告範囲の変更

発生日 報告範囲の変更 報告内容への影響
2017年7月 NISSHAグループのナイテック・プレシジョン・アンド・テクノロジーズ、津工場が操業開始。 2018年版CSR報告書は、2017年7月から12月までの津工場の情報を報告しています。
2017年10月 日本写真印刷株式会社は、2017年10月6日付で新社名をNISSHA株式会社(英文表記:Nissha Co., Ltd.)に制定。 2018年版CSR報告書では、文中の表現はNISSHA株式会社とし、10月5日以前のトピックについては日本写真印刷株式会社と記載しています。
2017年10月 NISSHA株式会社の100%子会社であるNissha USA, Inc.(アメリカ)は、2017年10月10日付で、子会社であるSi-Cal Technologies, Inc.とGSI Technologies, LLC.との間での事業譲渡契約を締結したことにより、同社のプリンテッドエレクトロニクス関連の事業を取得。 2018年版CSR報告書の内容に影響はありませんでした。
2017年10月 NISSHA株式会社の連結子会社であるGraphic Controls グループ (本社:アメリカ) は、2017年10月31日付で、フランスの医療機器メーカーIntegral Process SASの株主との間で株式譲渡契約を締結のうえ、同日に株式取得を完了し子会社化。 2018年版CSR報告書の内容に影響はありませんでした。
2017年10月 NISSHA株式会社は、2017年10月27日付で、mui Lab株式会社を設立。IoT市場向けの新しいインターフェースプロダクト、"mui"の開発・販売が主な事業。 2018年版CSR報告書の内容に影響はありませんでした。
2017年11月 NISSHA株式会社のディバイス事業は、2017年11月6日、中国大手のガラス加工メーカーLens Technology Co., Ltd.(藍思科技股份有限公司)、その傘下にあるLens International (HK) Limited、および上記3社で設立した合弁会社Nissha and Lens Technologies (Changsha) Company Limitedとの間で、タッチセンサーの生産提携に関する基本合意を締結。 2018年版CSR報告書の内容に影響はありませんでした。

発行部門およびお問い合わせ先

NISSHA株式会社
コーポレートコミュニケーション部 CSRグループ
TEL: 075-811-8111
FAX: 075-823-5344

Page top