IoT社会の実現を目指してフレキシブルシートセンサーの開発に参画

JAPERAとNEDOが「印刷技術で世界初、圧力と温度の分布を同時に検出できるシートセンサー」を出展

2017年2月14日

日本写真印刷株式会社

日本写真印刷株式会社(以下、当社)は、フレキシブルディバイス及びプリンテッドエレクトロニクス技術の実用化を目指す技術研究組合、「次世代プリンテッドエレクトロニクス技術研究組合(以下、JAPERA)」に加盟しています。
当社がセンサー開発に参画する、JAPERAと国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)が、世界で初めて開発に成功した「印刷技術による圧力と温度の面内分布を同時に検出できるフレキシブルシートセンサー」を、nano tech2017(2017年2月15日~17日、東京ビックサイト)とドイツ国際情報通信技術見本市(2017年3月20日~24日、ドイツ・ハノーファー)に出展します。

本センサーを靴底やベッドなどに装着することによって、運動時の荷重バランス・疲労度センサーや、リハビリ・介護支援センサーへの応用が期待されています。

展示会概要

展示会名 nano tech 2017
第16回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議
ドイツ国際情報通信技術見本市(CeBIT2017)
会期 2017年2月15日~17日 2017年3月20日~24日
会場 東京ビッグサイト
小間番号:東4ホール 4B-01(NEDOブース内)
ドイツ・ハノーファー
公式サイト nano tech 2017 第16回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議
NEDOイベントページ
ドイツ国際情報通信技術見本市(CeBIT2017)
・掲載の内容は、発表時の情報であり、以後予告なしに変更されることがあります。計画・目標は、リスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
・「NISSHA」および「Nisshaグループ」は、日本写真印刷株式会社とそのグループ会社の総称です。

Page top