溶解性マイクロニードルパッチ

溶解性マイクロニードルパッチとは、生体内溶解性ポリマーの基材に有効成分を混合し、これを微細なニードル形状に成形したものです。パッチ状に加工することにより肌に直接貼付することができます。

溶解性マイクロニードルとは

溶解性マイクロニードルとは、体内の薬物分布をコントロールするドラッグデリバリーシステム(DDS:Drug Delivery System)であり、次世代の経皮吸収投与法として注目されています。

溶解性マイクロニードルは、生体内溶解性ポリマーを、あるいはそれを基材として有効成分を混合したものを、数十から数百μmの長さの微細なニードル状に成形したものです。これを皮膚に貼付できるようにパッチ状に加工することで、経皮吸収投与が可能な剤型となります。パッチを皮膚に貼付すると、ニードルは皮膚のバリア機能を突破し、皮膚の内部で直接溶解するため、単に皮膚に塗布する方法と比べてはるかに効率的に有効成分を伝達することが可能です。
また、ニードルの先端径(太さ)は皮内注射針の外径と比べ1/10以下の太さであるため、皮膚への貼付時に痛みはほとんど感じない侵襲性の低い投与法です。

マイクロニードルが溶解する様子

マイクロニードルをスキンケア化粧品へ応用

使用例

使用例

NISSHAは印刷、成膜、積層、成形、パターンニングに代表されるコア技術を活用した製品開発を進めていますが、今回、高精度の成形技術、積層技術などを用いることで溶解性マイクロニードルをスキンケア化粧品へ応用しました。高分子ヒアルロン酸を基材として、ニードル状に成形することで、塗布という方法では困難であった皮膚内部への高分子ヒアルロン酸を直接的かつ効率良く注入できます。これが皮膚に潤いと弾力を与え、シワを内側から改善するスキンケア化粧品への応用です。
基材である高分子ヒアルロン酸に各種美容成分を混合することで、さまざまな効果を付与することも可能です。

                 皮膚内での浸透イメージ

                   皮膚内での浸透イメージ


マイクロニードルパッチ標準基材の抗シワ効果
(出展:ヒト有用性評価 2017年2月~3月)

生産技術

NISSHAのマイクロニードルは、当社が独自に開発した高精細成形工法を採用しています。

高精細成形工法によるマイクロニードルの特長
  • 用途や地域の法規制毎に異なる針形状の最適化
  • 使用時まで折れ曲がらない、強度のある針形状の設計
  • 量産時にも均一な成形品質
  • 1cm四方に400本以上の高密度設計
  • 有効成分の変性を防ぐ、低温乾燥処理

DDS (ドラッグデリバリーシステム)

溶解性マイクロニードルパッチ

衛生品質

生産工場はNISSHAの本社構内(京都市)にあり、徹底した衛生管理が行われています。

溶解性マイクロニードルパッチ

  • クリーンルーム内清浄度:クラス10,000
  • メイン装置内清浄度  :クラス 1,000
  • 微生物試験実績

溶解性マイクロニードルパッチ

お問い合わせ

ご要望やご質問があればお気軽にお問い合わせください。

化粧品製造業許可 (許可番号:26CZ200065)
医薬部外品製造業許可 (許可番号:26DZ200024)
化粧品用途マイクロニードルパッチのODM・OEM生産、共同開発を行っています。

Page top