要素技術 -産業資材事業-

製品の表面改質に関する課題の解決や、付加価値化に貢献

要素技術イメージ

NISSHAが印刷をベースに独自に培ってきたCMFデザイン、印刷、コーティング、材料設計・材料評価といった固有技術を組み合わせることで、お客さま製品の表面改質に関する課題の解決や付加価値化に貢献します。

印刷・成膜(コーティング)技術

印刷技術

お客さまのデザインを忠実に再現することで、高度な意匠性を具体化する技術

  • グラビア印刷技術
    優れた製版技術、印刷技術によりお客さまのご要望に添ったデザインを再現します。最大11色、幅650mm~1060mm、厚さ12μ~125μのフィルムを印刷できる設備を複数台所有しています。
  • スクリーン印刷技術
    ロール・ツー・ロール印刷機で長尺印刷が可能です。 幅650mmのフィルムを印刷できる設備を保有しています。

コーティング技術

基材の表面に、用途に合わせた機能膜を形成する技術

  • ウェット・コーティング技術
    グラビアコーティング、ダイコーティングなど、様々なコーティング技術を有しています。最大2,150mm幅のコーターにより、大型製品向けのコーティングや、効率の良い生産を実現する技術です。
  • ドライ・コーティング技術
    真空蒸着、スパッタリングにより、金属、金属化合物などを積層することができる技術です。
  • 熱処理技術
    フィルム機能層の性能を発現させたり、残留溶剤の揮発、膜の耐熱性向上など、品質を安定させるための技術です。ロール・ツー・ロールで650mm~1100mm幅のフィルムまで対応できる設備を保有しています。

製品加工技術

加工技術

印刷・成膜(コーティング)技術によって生成した成果物を用いて、
さらなる付加価値を付与し、お客さま価値を高めるための技術

  • 転写技術
  • 3D転写・ラミネート技術
  • 貼り合わせ技術
    複数の素材を気泡が発生しないように貼り合わせる技術です。
  • フォーミング技術
    機能性フィルム、装飾フィルムを熱と圧力によって任意の形状に成形する技術です。

金型設計・生産技術

金型加工

IMD・IMLの金型設計、生産が可能です。お客さまのご要望に応じて、精密な金型をご提供いたします。精密な鏡面仕上げ、特殊なシボ加工も可能です。

射出成形技術

射出成形機

各種機能・装飾フィルム、IMD箔のインサート成形が可能です。IMD箔、フィルム、金型と合わせて、試作成形、量産成形までトータルソリューションとしてご提供することも可能です。

デザイン・CMF提案力

CMF

製品の表面デザインのことをCMFデザインと呼びます。CMFとはColor(色)・Material(素材)・Finish(仕上げ加工)のことであり、これら3つの要素を組み合わせることで製品としての機能を満たし、人の心に訴える表現を実現します。
例えば同じ黒色であっても、使う素材(プラスチック、金属、ガラス、革、インキ)や仕上げ加工(コーティング、パターニング、磨き、シボ加工)などにより、製品表面の表情は異なります。
当社では単に要素技術を組み合わせるだけでなく、デザインの手法を用いて新しい価値を生み出す提案を行います。

お問い合わせ

ご要望やご質問があればお気軽にお問い合わせください。 

Page top