印刷関連資材 蒸着紙

印刷適性や意匠性に優れ
飲料品、食品、日用品などのラベルやパッケージに広く採用

概要

印刷関連資材 蒸着紙

蒸着紙は、基材(紙)の表面に金属層を真空蒸着し、メタリック調の装飾効果を付与した特殊紙です。
従来の製品よりもわずかなアルミニウム含有量で、パッケージ上に特有の金属調を表現することができます。同時に、紙と同じように生分解性に優れるといった特性があります。現在は、世界80カ国・約300社の飲料品ラベルや食品や日用品パッケージなどの製品に広く使用されています。

 蒸着紙は、Nisshaグループ会社のAR Metallizingグループが開発・生産しています。

技術・工程解説

印刷関連資材 蒸着紙

真空にした容器の中で、アルミなどの蒸着材料を加熱し、気化もしくは昇華して基材の表面に付着させ、薄膜を形成することで生産しています。


  1. 基材(紙)にプレコートを施します。プレコート層が基材と蒸着層との間のバリア層となることで、基材表面を平滑にし、蒸着層との密着力を高める役割をします。
  2. ホログラム意匠を施します。紙にホログラムなどの視覚効果を付与するために、独自開発のプロセスで微細なエンボス加工を行います。
  3. プレコーティングされた基材に蒸着を行います。
  4. 最後に、蒸着層にトップコートと加湿処理を施します。トップコート層は蒸着層をダメージから保護すると同時に、多様な印刷物に対応するための受容層としての役割があります。
  5. 用途に応じて微細なエンボス加工によって、リネン、ヘアライン、ピンホールといった凹凸意匠を加えることもできます。

主な特長・メリット

  • 高い印刷適性があり、すべての印刷工法(オフセット、グラビア、フレキソ)と、インキ(溶剤系、水系、UV硬化型)に対応可能です。
  • カット性(カールがしにくい)、ラベリングの容易性、リサイクル性(洗浄での剥離の容易性)を備えており、お客さまの工程において扱いやすい仕様にこだわっています。
  • 安定した品質によって、高い生産効率と低コスト化を実現しています。
  • フィルムと比較して、紙の特性である生分解性は、環境に優しくエコな製品作りに貢献します。
  • 80カ国、約300社への納品実績があります。

用途

飲料品・食品・日用雑貨・ヘルスケア・コスメティックスなどのラベルやパッケージ、包装材

蒸着紙 封筒

蒸着ラベル

ラインアップ

蒸着ボード "SilberBoard"

AR Metallizingは、リサイクル可能で生分解性に優れるパッケージ用途のボード(板紙)、SilberBoardを開発、生産しています。 SilberBoardは、板紙へのダイレクト蒸着または板紙に蒸着紙を貼り合せることでデザイン性や高級感を付与しており、一般的に使用されている蒸着ポリエステルフィルムを用いた多層複合板紙の完全な代替品となりえます。 SilberBoardを環境負荷が高いプラスチックフィルムの代わりに使用していただくことは、高いブランド価値を維持しながらも環境に優しいエコなパッケージの提供につながります。

* SilberBoardはAR Metallizingの登録商標または商標です。

Silber Board

特長

 パッケージデザインの強化
  • 消費者向けのパッケージと製品に、プレミアムな高級感を与える
  • 競争の厳しい陳列棚でのブランドアピールに貢献
環境にやさしい
  • 100%リサイクル可能かつ生分解が可能
  • プラスチック含有量0%
  • ラミネートされた蒸着ポリエステルフィルムに代替する製品
その他
  • 高い印刷適性(グラビア印刷、フレキソ印刷、オフセット印刷、デジタル印刷)
  • 偽造に対するセキュリティ保護
"SilberBoard" 紹介動画

蒸着紙

多様な意匠

お客さまの製品に合わせた最適な見栄えを実現するために、多様な意匠ラインナップを揃えています。
  • 光沢(グロス調、マット調)
  • 高輝度
  • エンボス加工
  • ホログラムなど

ラベル用

蒸着紙 製品

  • グル—ラベル用:基材は紙で、糊付けしてからビン・ボトルへ貼り付けるラベル用の蒸着紙です。
  • タックラベル用:裏面に粘着加工されているラベル用の蒸着紙です。 一般的にはシールと称されています。
  • インモールドラベル用:プラスチックのパッケージの成形時に金型に挿入し、樹脂熱で接着させるラベル用の蒸着紙です。剥がれにくくパッケージとの一体感を出すことができます。

その他の用途

蒸着紙 製品

  • パッケージ(包装紙)用:ギフトラッピングや食品包装紙など

お問い合わせ

ご要望やご質問があればお気軽にお問い合わせください。

日本写真印刷株式会社
産業資材事業部

Page top