RECRUITMENT 2019RECRUIT TOP > 求める人材像 > 人材育成の取り組み

人材育成の取り組み

NISSHAグループは「人材=最も重要な経営資源」と位置づけ、
「人材育成基本方針」に基づいて人材育成に取り組んでいます。

人材育成基本方針

企業の成長のために必要な人材を計画的に育成するとともに、社員の自発的な能力開発を積極的に支援し、「会社」と「社員」がともに成長していくことを目指す

基本的な考え方

NISSHAグループは、人材育成を「計画的人材育成」「能力開発(支援)」「キャリア開発」という3つの領域でとらえ、それぞれに、「研修制度」「職場での指導(OJT)」「中長期的なキャリアパス」「人事諸制度の整備」の4つの視点から、包括的な人材育成を推進しています。

人材育成モデル図

計画的人材育成中長期的な成長戦略を実現するために、計画的に必要人材を育成し、確保する
能力開発個人が自らの市場価値を高めるために、自ら能力を開発する
→会社側から、それを支援することで、当社の人材力を高める
キャリア開発社員の中長期的なキャリア形成を支援し、ありたい姿への成長を促進する
(キャリア形成の重要性に対する気づきと、場を提供する)

研修制度(体系図)

入社後3年間の基礎教育

NISSHAグループでは新卒入社後3年間を初期の育成期間と位置づけ、3年間の「基礎教育プログラム」を実施しています。「基礎教育プログラム」では、新卒入社時の新入社員研修(集合研修+工場実習、以下参照)をはじめ、2年目3年目には振り返り研修や人事部門との面談を実施、また配属部署の先輩社員や上司による能力開発計画や定期的な面談を通して、新入社員のみなさんが段階的に成長していけるよう支援しています。

新入社員研修

4月入社後に集合研修(1ヵ月間)と工場実習(1.5ヵ月間)を実施しています。
集合研修では、社会人としての心構えやビジネスマナー、仕事を進める上での基本スキルを習得するとともに、NISSHAグループ社員として理解すべきNissha Philosophy(企業理念)・戦略・事業・技術や、ものづくりの基本的な考え方、会社のルールなどを講義やグループワークを通して習得します。また、グローバルマインドを高めることを目的に英語研修(5日間)もこの期間で実施しています。
工場実習では、実際に工場の生産現場に入り、先輩社員の指導のもとでものづくりの実習を行います。実地作業を通して、技術や生産工程を理解するとともに、品質や安全など、ものづくり企業として大切なことを学びます。

育成計画書の運用

入社後3年間はNISSHA社員としての基礎を作る重要な時期です。NISSHAグループでは、この期間に習得すべき明確な目標を設定し、それを支援する体制を構築しています。具体的には、新入社員研修終了後の配属時から入社3年次までの期間で育成計画書を運用しています。この計画書には、若手社員1人に対し、実務指導員(先輩社員)、育成担当者(上司)、育成責任者(部長)がメンターとして関わり、組織目標をはじめ、そこから個々人に求められる役割、担当業務内容、知識・スキルの習得目標を、面談を通して確認し合い、計画書に記入し運用しています。このように、自分の成長目標が明確になるだけでなく、その目標がどのように組織に貢献できるかがわかる仕組みとなっています。
また、若手社員、実務指導員、育成担当者、育成責任者が3ヵ月に1回の定期面談を行い、育成計画書の進捗状況や成長度合いを確認する場を設けています。

グローバル教育

グローバルに事業を展開しているNISSHAグループでは、仕事のさまざまな場面で英語使ったコミュニケーションが必要になります。このため、語学研修をはじめ、海外トレーニー制度など、グローバルに関する学びの機会を提供しています。

語学研修

新入社員研修での英語5日間集中トレーニングだけでなく、全社員向けにスカイプ英会話や通信教育、会議の場面などを想定した英語でのビジネスコミュニケーションスキル向上研修など、さまざまなラインナップを揃えています。

海外トレーニー制度

グローバルなビジネス環境で活躍できる若手人材(文系・理系)を育成する目的として海外トレーニー制度があり、入社3年以降に社内選抜されれば、約1年間、欧米やアジア諸国の海外現地法人で担当業務を通じて専門的スキル、語学力、異文化適応能力を向上できます。
将来的には、海外駐在員候補を含むグローバルリーダーとしての活躍が期待されます。

選抜型教育

次世代の経営幹部候補者育成など、会社が中長期的な成長戦略を実現するために、計画的に必要人材を育成することを目的として選抜型教育を実施しています。

Nissha Academy

Nissha Academyは、高度で専門的な教育を行うNISSHAグループの企業内大学です。Nissha Academyでは、選抜型研修「Business School」を開催しており、全社や事業の経営をリードする人材を計画的に育成しています。
このプログラムは、経営戦略の立案と実行に関わる知識やスキルを学ぶ内容で構成されており、同School卒業後には、プロジェクトへの参画や、中期経営計画の立案に携わるなど、学んだことを実践する場を積極的に提供しています。

受講者の声

知識や理論はもちろんですが、リーダーシップを取るべき人材としての自覚を促された部分も受講の意味合いとして大きかったです。
成長へのモチベーションを今後も持続したいと思います。

その他の教育

上記のほか、上位等級や管理職に昇格した社員を対象とした階層別研修や、自らのキャリアのあり方を考えるキャリア開発研修などを実施しています。
また、「論理的思考力」「プレゼンテーション」などの汎用的なビジネススキルについて、自ら挙手をして受講できる研修も揃えています。さらに通信教育など自費で学習する社員に対しては、修了者に費用の半額補助を行う自己啓発補助制度を設け、自発的な学習を支援しています。