RECRUITMENT 2019RECRUIT TOP > 先輩社員インタビュー > 詳細

先輩社員インタビューInterview

NISSHAで働く先輩達は、どのように仕事に取り組み活躍しているか。
その一端をご紹介します。

人としてエンジニアとして
会社とともに成長しています

大学では機械工学を専攻した阪下さんは、タッチパネルの開発・設計者を経て、今はガスセンサーの生産設備の機械部分を設計・開発している。彼女のエンジニアとしての成長で会社に貢献できることにやりがいを感じている。

新製品開発室 企画部 メカトロニクスグループ 阪下 麻子 工学部 応用理工学科卒業 2008年入社

私の仕事 生産設備を自社開発することで
ノウハウを守る

 私は今、NISSHAグループの「NISSHAエフアイエス株式会社」が生産するガスセンサーの、生産設備の開発・設計を行っています。このガスセンサーは「感度が優れている」「消費電力が小さい」「ターゲット別のガス濃度が判定できる」など、ライバル製品と差別化できるいくつかの特長を持っています。センサーを作る生産設備そのものを自社で開発・設計しているのは、そうすることで「生産ノウハウの流出を防ぎ、製品の競争力を高められる」ことが理由です。

 かつて日本の経済を支えた液晶や半導体産業は、生産設備の多くを他社の機械メーカーに頼ったことで、生産ノウハウが新興国へ流出し、競争力が低下する一因を作りました。NISSHAでは競争力を高く保つために、生産設備そのものの自社開発を積極的に行っています。将来的には、ガスセンサーだけでなく、他のさまざまな製品づくりにおいても自社開発を想定しており、それを実現できるエンジニアを広く求めています。

入社の理由 機械系エンジニアとしての成長とやりがい

 就職活動では「生まれ育った関西のメーカーで働きたい」と考えていました。NISSHAに入社を決めたのは、当時、世界でも多くの人が使っている携帯電話やゲーム機の重要な部品の生産にNISSHAが関わっていることを知ったのが理由でした。入社してからはディバイス事業部に配属となり、タッチセンサーの電極のパターン設計に携わりました。その部門では、世界的ゲームメーカーの新製品の開発にもプロジェクトマネージャーとして携わることができ、仕事を通じて成長が実感できる経験を積むことができました。自社内で設計業務にたずさわるだけでなく、お客さまのところに何度も足を運び、先方のニーズを聞き出してそれに応える製品を作る日々で、エンジニアとしての力を総合的に高めることができたと感じています。

 現在の部門では、電気回路・ソフトウェア担当のエンジニアとともに、ガスセンサーの生産設備の「2号機」の開発を終えたところです。人の手をなるべく介することなく、不良品を出さずに安定して稼働し続ける設備を目指して開発を続けました。自分の作った生産設備によって、製品の生産能力が向上すれば、それが会社の業績向上に直結するので喜びとやりがい感じます。また、私は大学で機械工学を専攻し、卒業論文では人間の膝関節にかかる力の数値シミュレーションを研究しました。大学で学んだ機械設計に必要な熱力学や材料工学の知識や技術は、今の仕事にそのまま活きており、自分のエンジニアとしての能力で会社に貢献できる点も、大きなやりがいになっています。

今後の目標 男女平等に拓かれたフィールドで
目標を持って働く

 NISSHAはとても女性が働きやすい会社だと感じています。エンジニアとしての仕事は男女の区別なく、平等にチャンスが与えられますし、自分がやってみたい仕事が出てきたとき手を上げれば、若いうちから任せてもらえる空気がどの部署にもあります。結婚や出産、子育てなど、働く女性のライフスタイルの変化にも対応できる環境を整っているので、同僚の中にも出産後職場復帰した女性や時短勤務などのフレキシブルな働き方をする人がたくさんいます。

 NISSHAに向いていると思うタイプは、いちばんは「元気な人、積極的な人」ですが、「物静かで慎重な人」にも、ちゃんと活躍できる風土があります。NISSHAが作っている製品は多岐の分野にわたり、多くの人々が使っています。学生のうちはなかなか自分が本当にやりたいことはわからないものですが、NISSHAであれば、働いているうちに自分が心から興味関心が持てる分野の仕事が、きっと見つかるだろうと感じています。

 これからの私の目標は、1つ1つの設計業務で求められる条件を確実にクリアし、1人のエンジニアとして会社の業績向上にさらなる貢献をしていくことです。1人の人間として、多くの人と協力して、成長していきたいと思っています。

ある1日のスケジュール

平日
休日

私もグッズに身を包んで、大勢のファンと一緒に盛り上がりました。笑顔、情熱、パワー、私に大切なものを与えてくれる時間です。

学生の皆さんへのメッセージ

自分の学生時代を振り返っても、国内外への旅行や読んだ本、人との出会いなどさまざまな経験が社会人になって役立っていると感じます。
みなさんもぜひ、色んなことに興味をもって行動につなげてください。

機械工学・電子工学を学んだエンジニア志望の方々が、思いっきり活躍できるステージがたくさんNISSHAにはあります。違う分野の専門家も多く、さまざまな経験と知識を身につけることができます。関心を持ったなら、NISSHAの門を叩いてみてください。

<
>