ソーシャルメディアポリシー

Nisshaグループは、ソーシャルメディアの公式アカウントの運営およびNisshaグループ社員のソーシャルメディアの利用に関して、「ソーシャルメディアポリシー」を定め、順守します。

基本ポリシー

私たちは、Nisshaグループが定める企業理念、行動指針、企業倫理・コンプライアンス宣言、企業倫理・コンプライアンス行動マニュアルの内容を正しく理解し、これを順守します。
さらに、個人または業務でソーシャルメディアに参加する場合は、以下の内容に従って行動します。

ソーシャルメディア利用の心構え

  • ソーシャルメディアで発信した情報は、国境を問わず伝搬し、不特定多数の人に見られていることを認識し、利用します。
  • ソーシャルメディアで情報を一度発信すると、完全に削除できないことを理解し、利用します。

グローバル視点での法令・社会倫理や社内ルールの順守と各種情報の保護

  • 法令や社会倫理に抵触するような情報発信を行わず、第三者の著作権や肖像権、商標などの権利、あるいは個人情報を侵害しません。
  • 情報発信においては、不快感やネガティブな印象を与えるような誹謗中傷や、誤解を招きかねない表現は使用しません。特に、国籍・政治・宗教・信条・人種などの内容は個人に深く根付く内容であり、注意深く取り扱います。
  • グローバル視点に立って、関連する法令、社内ルールを順守します。なお、ある国では正しい発言であっても別の国では不正確あるいは違法となる可能性があることを理解します。
  • Nisshaグループおよびステークホルダーにかかわる機密情報については、いかなる場合にもソーシャルメディアに情報を発信しません。たとえ、非公開設定などの場合においても、メディア運営者との間で守秘義務が担保できないため、発信しません。

個人としてソーシャルメディアに参加する場合

  • たとえ個人からの発信であっても、当社の評価となりえることを理解し、常に「見られている」ことを意識して、責任ある行動をします。
  • 相手の発言を傾聴する姿勢を持ちます。
  • Nisshaグループに関係する情報を発信する場合には、自分の身分を明かしたうえで、会社としての正式な情報発信ではないことを読み手が明確に判断できるようにします。
  • 当社の各種ロゴや商標は使用しません。

受託業務としてソーシャルメディアに参加する場合

私たちは、業務としてお客さまの公式アカウントでソーシャルメディアの運営管理を行う場合があります。業務に携わる際は、本ポリシーに従って行動します。また、外部への委託が必要な場合には、同様に本ポリシーに従って行動するよう管理、監督します。  

公式アカウントの運営に関して

  • 日本写真印刷が公式に運営するアカウントにおいて発信する情報は、必ずしも当社の公式発表・見解をあらわすものではありません。公式な発表・見解の発信は、当社ウェブサイトおよびニュースリリースなどで行っております。
  • 公式アカウントにおいては、当社がソーシャルメディアポリシーとして定める振る舞いや基本マナーを順守します。
  • 運営の詳細については、Nisshaグループのコミュニケーション・ガイドラインをご確認ください。
 
ソーシャルメディア
公式アカウント
Facebook
Facebookページ名 日本写真印刷株式会社
URL http://www.facebook.com/nissha.jp
テーマ/目的 印刷技術の将来性やポテンシャルをテーマとしたコンテンツや、当社の製品、技術情報の紹介を通して、ステークホルダーとのコミュニケーションを深めるサイトとして運営します。
その他の注意事項 掲載内容以外に関するご質問には、Facebookでの回答は原則致しません。また、すべてのご質問への回答はお約束致しかねますので、ご了承ください。
 
2013年1月1日制定
日本写真印刷株式会社

Page top