Biomedical Innovations

biomedical innovation

医療機器の受託製造

イメージ図

         イメージ図

NISSHAは、Biomedical Innovations (バイオメディカル・イノベーションズ)を通して、高度管理医療機器(クラスⅣおよびⅢ)から医療用ケーブル、アメリカなどで注目されているウェアラブル・生体センサーなどの受託製造事業を25年以上展開しています。特に世界のトップクラスの医療機器メーカーに選ばれる製造パートナーとして、製品開発・設計・試作・量産のフルセグメントでサポートを行っています。

アメリカおよび中南米では、医療機器の開発フェーズに合わせて、デザインを含む3つの開発センターと量産工場があります。長年、ワン・ストップでロスなく、スムーズに医療機器の開発や幅広いご要望にお応えしています。
日本でもNISSHAイノベーションセンターKYOTOで技術者・エンジニア約500名体制で都市型の研究・技術開発拠点をオープンしております。
今後は、医療機器にフォーカスした体制を強化していく予定です。

製品開発・設計

3Dモデリング、非線形有限要素解析(FEA)や非線形解析を駆使したシミュレーションにより、デザイン・製品開発・設計の初期段階で、事前に使用上のリスクも最小化しています。

試作・小ロット製造

エネルギーデバイス*1、心臓カテーテル*2やガイドワイヤ*3などの製造を強みとしています。アメリカのイノベーションセンターでは、非侵襲領域のウェアラブル・生体センサーなどの製品開発に取り組んでいます。

量産

海外の製造拠点では長年、大手医療機器メーカー向けにクラスⅣなどの医療機器を量産しています。特に、アメリカに近いドミニカ共和国では、品質とコストの両面で国際競争力の高い量産体制が可能です。
量産体制の強化や新たな技術の取り込みを通して、より良い医療機器を提供できるよう、取り組んでいきます。

*1 手術中に高周波・超音波・マイクロ波などのエネルギーを利用して組織や臓器を切開したり、止血をする外科手術用器具の総称
*2 狭心症や心筋梗塞など、心臓の血管がコレストロールなどによって詰まったり、狭くなることで起こる疾患の治療に使われる器具の一つ
*3 心臓カテーテルなどの医療機器を病変部まで運ぶために必要なガイドとなる器具の総称

ISO認証情報

Biomedical Innovations

Colorado Springs

Dominican Republic

Sandpoint

Graphic Controls

Buffalo

Page top