成長の軌跡

最先端のタッチパネルの開発・量産や、自動車の内装や家電に使われるプラスチックを、木や金属などの素材に見せる表面の加飾(デコレーション)技術。燃料電池車に搭載されている水素センサーや新型の化粧品に至るまで、当社は1929年の創業時から積み上げてきた技術を発展、進化させ続けてきました。
「成長の軌跡」では、NISSHAの強みがどのように培われてきたのか、これまでの歩みを通じて紹介します。

1929- 創業期

日本写真印刷株式会社の誕生

1929年

創業者 鈴木直樹

創業者 鈴木直樹

理想を高く掲げて創業
鈴木直樹が自宅で印刷所を開き、創業。
理想を高く掲げ、「美術印刷をやろう」と決意し、
3年後に「鈴木尚美社」を立ちあげました。
入札やせりで売買される古美術品の美術品目録(カタログ)の印刷が大きな仕事でした。
<NISSHAの差別化戦略の原点>
「活字印刷であればだれでもできる。他社の手がけない高級印刷をやろう」-この創業者の思いがNISSHAの差別化戦略の原点となりました。

1946年

日本写真印刷株式会社 七条工場正門

日本写真印刷株式会社 七条工場正門

日本写真印刷株式会社の設立
太平洋戦争中の1942年に15社の企業合同によって「日本写真印刷有限会社」と名を変え終戦を迎えました。戦後、京都の代表的な活版印刷業者である似玉堂を吸収合併して今日の「日本写真印刷株式会社」が誕生しました。

1949年

言林・NEW JAPAN

言林・NEW JAPAN

「言林」「NEW JAPAN」完成
「言林」は戦後初めての新かなづかいによる本格的な国語辞典で、出版社と当社とが一体となって仕上げた一大文化事業として賞賛されました。また戦後の日本を海外に紹介する年鑑PR誌「NEW JAPAN」(毎日新聞社)は品質に最大級の評価を得て「高級美術印刷の日写」の礎を築きました。

1967- 印刷技術の応用・拡大期

1967年

一世を風びした木目箔によるテレビキャビネット

一世を風びした木目箔によるテレビキャビネット

国産初木目転写箔「ニッシャパトラン」発売
1961年以降軟包装からスタートした紙以外への印刷で花開いたのが、国産初の木目箔「ニッシャパトラン」です。テレビを中心にした家電製品の普及とともに、ニッシャパトランは、たちまちにして時代の寵児となるほどの勢いで伸びていきました。後には海外向けエアコンやカラーテレビなどに広く採用されました。
当時、印刷といえばフラットなものに限定されていたなか、曲面印刷という新たな分野を志向したところから転写箔に着目しました。後のIMDを生み出す基となった分野です。

1970年

精細な電子部品

精細な電子部品

電子部品事業への参入
エッチング技術を電子工業分野の先端技術に結び付けて、新分野へ参入。1983年にはOA機器などのキーボードのキートップの転写加工と転写システムの販売を中心に事業部体制でスタートしました。

1979年

東京・大阪証券取引所市場第一部に上場
1948年の京都証券取引所上場、1961年の大阪証券取引所市場第二部上場を経て、1979年9月1日に東京・大阪両証券取引所の一部市場への上場を果たしました。

1983年

「ジャパンプラス大阪」で実演展示したIMDの製品サンプル

「ジャパンプラス大阪」で実演展示したIMDの製品サンプル

家電製品や携帯電話、自動車パーツなどに次々と採用

家電製品や携帯電話、自動車パーツなどに次々と採用

成形同時加飾技術 IMDの開発成功
プラスチックの産業展示会「ジャパンプラス大阪」で初めて実演展示したIMDは、市場へ大きなインパクトを与えることになり、紙印刷以外の世界でも“技術のNISSHA”の名を知らしめました。
従来の転写箔は、いったん成形されたものに後から熱と圧力を加えて絵付を行うものでしたが、IMDは成形時の「熱と圧力」を利用して成形と同時に転写を行い、三次元曲面への絵付を可能としました。

※成形同時加飾技術 IMDについて詳しくはこちらのページをご覧ください。
以後、高級印刷とIMDの技術は、当社の両輪となって事業の中核を担い、躍進の原動力となりました。

1990年

電子手帳向けに供給したタッチパネル

電子手帳向けに供給したタッチパネル

ファインタッチの開発
電子事業では大手企業の注目しない独自の分野に対応した技術開発を優先させ、ファインタッチ(アナログ方式の透明スイッチ)を生み出しました。手書き入力式の電子手帳のキーパーツとして搭載され好評を博しました。
後に携帯電話や携帯ゲーム機に採用されて伸張し、現在では当社の主力製品の一つへと成長しています。

1995年

初の海外生産拠点の誕生

Southern Nissha Sdn. Bhd.

初の海外生産拠点の誕生
当社初の海外生産拠点Southern Nissha Sdn. Bhd.が、マレーシアに誕生。

NISSHAの海外拠点は「Nisshaグループ一覧」をご確認ください。
1995年以降海外への進出が本格化し、現在は中国・ヨーロッパ・北米・南米に生産拠点を構えています。

1998- グローバル化を加速

1999年

ナイテック工業株式会社の設立

ナイテック工業株式会社の設立
携帯電話向けIMD箔の生産工場として設立しました。

ナイテック工業株式会社について詳しくはこちらのページをご覧ください。

2000年

産業資材・電子(現ディバイス)事業が紙の印刷事業の売上を超える
携帯電話向けIMDやタッチ入力ディバイスが伸張し、創業事業である高級印刷関連事業の売上を超えるまでになりました。

2006年

タッチウインドウ

タッチウインドウ

加飾付き入力ディバイス「タッチウインドウ」開発
「タッチウインドウ」は、タッチパネルと表面加飾印刷によるデコレーションを融合した独自の入力ディバイス。産業資材事業とディバイス事業の2事業のシナジーがここに生まれました。

2007年

代表取締役社長 兼 最高経営責任者 鈴木順也

代表取締役社長 兼 最高経営責任者 鈴木順也

鈴木順也が代表取締役社長に就任
1998年3月に日本写真印刷株式会社に入社後、取締役、常務取締役、専務取締役、取締役副社長を経て、2007年6月に代表取締役社長 兼 最高経営責任者(現職)に就任しました。

座右の銘「為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の為さぬなりけり」

静電容量方式タッチパネルを発売
従来の抵抗膜方式に加えて、新たに静電容量方式の提供を始めました。

静電容量方式タッチパネルについて詳しくはこちらのページをご覧ください。

2009- 新市場・新製品へ挑戦

2009年

マイクロニードルパッチMicroCure

マイクロニードルパッチMicroCure

新規製品の開発を加速
色素増感太陽電池 EneLEAF(2009年)、DNAインキ CustomerQ(2011年)、ワイヤレス充電用筐体Thinval(2011年、株式会社村田製作所と共同開発)、パルプ成形 Nissha PAX(2012年)、マイクロニードルパッチMicroCure(2012年)などの新製品を開発しました。

2012年

ナイテック・プレシジョン・アンド・テクノロジーズ株式会社

姫路工場

フォトリソグラフィ工法を用いた静電容量方式タッチパネルの量産を開始
狭額縁、薄型・軽量などの高い優位性を持つタッチパネルを開発し、量産体制をナイテック・プレシジョン・アンド・テクノロジーズ株式会社姫路工場で確立しました。2013年には加賀工場にも量産ラインを拡張しました。

ナイテック・プレシジョン・アンド・テクノロジーズ株式会社は、2009年12月に設立した入力ディバイス製品の開発・生産子会社です。

2014年

ガスセンサー

ガスセンサー

ガスセンサーの開発・生産会社、エフアイエスを買収
ガスセンサー事業を展開するエフアイエス株式会社を買収、100%子会社化。
ガスセンサー分野の研究・開発を具体的に加速しています。

2015年

蒸着紙

蒸着紙

世界最大手の蒸着紙メーカー、AR Metallizingグループを買収
印刷関連資材「蒸着紙」の開発・生産メーカーを買収したことにより、食品・飲料や日用品向けのラベルやパッケージ向けの資材を提供できるようになりました。

AR Metallizingグループについて詳しくはこちらのページをご確認ください。

2016年

Graphic Controlsグループを買収

アメリカの医療機器メーカーGraphic Controlsグループを買収
医療機器分野の製品群と市場を事業ポートフォリオに取り込むとともに、グローバルベースでの販路を獲得しました。

※Graphic Controlsグループについて詳しくはこちらのページをご確認ください。

自動車内装向け成形品

自動車内装向け成形品

欧州の自動車向け成形、加飾フィルムメーカー、Schusterグループを買収
欧州におけるプラスチック成形品および加飾フィルムの生産・販売拠点を獲得したことで、自動車市場に向けたグローバルベース(アジア、北米、中南米、欧州)の生産体制が整いました。

※Schusterグループについて詳しくはこちらのページをご確認ください。
 現在、当社の高品質のものづくりはグローバル市場のお客さまより高い評価を確立しています。これは創業者の志した「だれもやらないことをやる」という差別化戦略を実践してきた成果であるといえます。

Page top