アルコール検知器協議会(J-BAC)に加盟

2015年6月29日

日本写真印刷株式会社

Nisshaグループのエフアイエス株式会社(以下、エフアイエス)は、2015年6月23日に発足した、国内唯一の業界団体「アルコール検知器協議会」(以下、J-BAC)に加盟しています。
飲酒運転による交通事故防止を目的とした法規制の強化や、自動車運送事業者に対しアルコール検知器を用いた点呼時の確認が義務付けられるなど、アルコール検知器の役割はますます重要になっています。
J-BACは、エフアイエスを含め、アルコール検知器の製造・販売に携わる17社で構成され、アルコール検知器の技術・品質の向上や普及啓発により業界の地位向上を図りながら関係省庁や各団体と連携し、飲酒問題の根絶を目指します。
 エフアイエスが提供するアルコールチェッカー用ガスセンサーは、アルコールに対する高い感度と良好な総体ガス感度特性を有しており、かつ、センサーの小型化によりアルコールチェッカー製品自体の小型化にも大いに貢献しています。

アルコール検知器協議会の概要

団体名 アルコール検知器協議会
設立 2015年4月8日
事務局所在地 東京都品川区西五反田8-1-2
代表 会長 谷田 千里

お問い合わせ

ご質問があればお気軽にお問い合わせください。 
・掲載の内容は、発表時の情報であり、以後予告なしに変更されることがあります。計画・目標は、リスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
・「NISSHA」は、NISSHA株式会社を表し、「NISSHAグループ」は、NISSHA株式会社とそのグループ会社の総称を表します。

Page top