タッチセンサーモジュール製品を対象にISO/TS16949 の認証を取得

2017年3月22日

日本写真印刷株式会社

日本写真印刷株式会社(以下、日本写真印刷)は、ISO/TS16949の認証を取得しました。これは、日本写真印刷での営業・設計および、開発・生産から保管までの一貫した品質管理体制に対しての認証であり、Nisshaグループのナイテック・プレシジョン・アンド・テクノロジーズ株式会社京都工場で生産するタッチセンサーモジュールに適用されます。
ISO/TS 16949は、お客さまから高度な品質管理体制が求められる自動車産業界で、最も広く使用されている国際基準の品質マネジメントシステム規格です。この認証取得を機に、さらなる製品の安定生産と工程管理を強化し、自動車市場におけるグローバルなサプライチェーンの構築を促進します。

Nisshaグループは、第5次中期経営計画において事業ポートフォリオの組み換えによる成長を志向しており、持続的かつ安定的に収益を確保することのできる事業基盤の確立を目指しています。このひとつとして、今後も安定した成長が見込まれる自動車分野を重点市場と定めています。
自動車内装向けのプラスチック成形品や加飾フィルムの生産・販売を手がける産業資材事業においては、すでにマレーシアや中国の生産拠点でISO/TS16949の認証を取得しています。
一方、ディバイス事業は、グローバル市場でタブレット端末やゲーム機器などに採用されているタッチセンサーを主力製品としており、加えて産業用機器や車載用などにも対象製品を拡げています。
今回の認証取得により、さまざまな分野でお客さまに満足し、喜んでいただける製品やサービスの提供を目指します。

ISO/TS16949認証書

ISO/TS16949認証書

・掲載の内容は、発表時の情報であり、以後予告なしに変更されることがあります。計画・目標は、リスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
・「NISSHA」および「Nisshaグループ」は、日本写真印刷株式会社とそのグループ会社の総称です。

Page top