高精度・高感度圧力センサーにNISSHAの技術が採用

「高精度・高感度圧力センサーシステムを搭載したロボット・スキン」、および「介護支援ツール・お絵かきボード」(開発:JAPERA)をCEATEC JAPAN 2017に出展

2017年10月2日

日本写真印刷株式会社

日本写真印刷株式会社(以下、当社)は、フレキシブルディバイス及びプリンテッドエレクトロニクス技術の実用化を目指す技術研究組合、「次世代プリンテッドエレクトロニクス技術研究組合(以下、JAPERA)」に加盟しています。
当社がセンサー開発に参画するJAPERAは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)のプロジェクトにおいて高精度・高感度圧力シートセンサーを搭載したアプリケーション「ロボット・スキン」、および「介護支援ツール・お絵かきボード」を開発しました。

「ロボット・スキン」とは、ロボットに搭載された触感センサーで、「なでる」「叩く」「揉む」などのさまざまな触覚動作を検出します。これにより、触覚動作を通じたヒトとロボットとのコミュニケーションの幅が拡がり、介護現場、幼稚園、娯楽施設など、さまざまなシーンでの活用が想定できます。今後は、人体への装着といったメディカル用途への拡がりも期待できます。なお、この高精度・高感度圧力センサーには、当社の技術が採用されています。

一方、「介護支援ツール・お絵かきボート」とは、画面上の図形や文字を指でなぞることで、その動作の「力の強さ」「速さ」「正確性」を測定することができるアプリケーションです。ゲーム感覚で楽しみながら、介護に関わる人々の心身のケアやリハビリに役立てることを想定し、今後は介護施設等において試験予定です。

「ロボット・スキン」、および「介護支援ツール・お絵かきボード」をCEATEC JAPAN 2017(2017年10月3日~6日、幕張メッセ)に出展しますので、ぜひご来場ください。

※アクティブマトリックス方式を採用。ディスプレイやセンサーの駆動方式の一つで、交差するXY電極の各交点に形成される画素それぞれにスイッチングトランジスタを持ち、目的の画素のみを駆動させることができます。従来の方式に比べてセンシングの階調数を増やすことができ、大面積、高解像度化で有利です。

ロボット・スキンをロボットに搭載したシステム

ロボット・スキンをロボットに搭載したシステム

お絵かきボード

お絵かきボード

展示会概要

展示会名 CEATEC JAPAN 2017
会期 2017年10月3日~6日
会場 幕張メッセ(千葉)
展示品 「ロボット・スキン」
小間番号:D049(JAPERAブース内)

「介護支援ツール・お絵かきボード」
小間番号:S03(NEDOブース内)

※同展示会にて、当社のワイヤレスセンサー製品も展示します。
「EnOcean照度センサー」
小間番号:D090(ローム株式会社ブース内IoTソリューションコーナー)
公式サイト CEATEC JAPAN 2017公式ウェブサイト

お問い合わせ

ご要望やご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。

ディバイス事業部
・掲載の内容は、発表時の情報であり、以後予告なしに変更されることがあります。計画・目標は、リスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
・「NISSHA」は、NISSHA株式会社を表し、「NISSHAグループ」は、NISSHA株式会社とそのグループ会社の総称を表します。

Page top