京都国立博物館開館120周年特別展覧会
「海北友松」に協賛

2017年4月5日

日本写真印刷株式会社

日本写真印刷株式会社は、社会貢献基本方針に掲げている「芸術・文化の支援・振興」を目的とした活動を行っています。その一環として、2017年4月11日から5月21日まで、京都国立博物館で開催される開館120周年特別展覧会「海北友松」に協賛しています。
特別展覧会「海北友松」概要
海北友松(かいほうゆうしょう)(1533-1615)は、狩野永徳や長谷川等伯と並び称される桃山画壇の巨匠です。
友松は京都の名だたる寺院を舞台にその才能を花開かせ、天皇や宮家のために筆をふるいました。
本展では代表作はもとより、数少ない初期作や新発見・初公開作品、さらに諸人との幅広い交流の跡を物語る書状や文書類など70余件を展示。今年、開館120周年を迎えた京都国立博物館の節目の年に、この誇り高き孤高の絵師・海北友松の史上最大規模の大回顧展を開催し、知られざる生涯と画業の全貌をご紹介いたします。
(※「海北友松」公式Webサイトより抜粋)

開催概要

会期 2017年4月11日~2017年5月21日
休館日:月曜日
開催時間 9時30分~18時
※金・土曜日は20時まで
※入館は閉館の30分前まで
会場 京都国立博物館 平成知新館
料金 【当日券】
一般  1,500円
大学生 1,200円
高校生 900円
中学生以下 無料

※主なチケット販売場所:チケットぴあ(Pコード:767-951)、ローソンチケット(Lコード:52533)、セブンチケット、イープラス、ほか主要プレイガイドなど
公式Webサイト 特別展覧会「海北友松」
・掲載の内容は、発表時の情報であり、以後予告なしに変更されることがあります。計画・目標は、リスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
・「NISSHA」および「Nisshaグループ」は、日本写真印刷株式会社とそのグループ会社の総称です。

Page top