NISSHA株式会社 産業資材事業

素材の表面に価値を付与する独自のフィルム加工技術

産業資材事業では、さまざまな素材の表面に付加価値を与える独自技術を有しています。事業領域は「加飾分野」と「高機能パッケージ資材」に大別されます。主力のプラスチックの成形と同時に加飾を行う成形同時加飾技術IMD・IMLは、グローバル市場で自動車(内装)、家電製品、スマートフォンなどに広く採用されています。また、高い金属光沢と印刷適性を兼ね備えた蒸着紙は、飲料品や食品向けの高機能パッケージ資材としてグローバルベースで業界トップのマーケットシェアを有しています。ほかにも金属やガラス素材への転写加工や、意匠付きビニル床タイル素材ライブラリーの運営など、多様な製品・サービスを展開しています。
ー製品ー

加飾分野

成形同時加飾技術 IMD・IML

絵柄を印刷したフィルムを用いて、自動車や家電の内外装となる
3D形状の樹脂表面に、機能やデザインを付加する加飾技術

転写

プラスチックやガラス、金属などの多様な素材に高品位なグラビア印刷を再現
多種多様な商品を美しく彩る転写技術

高機能パッケージ資材分野

蒸着紙

優れた印刷適性と意匠性で、飲食料品や日用品のラベルや パッケージに広く採用されているメタリック調の特殊紙

建材分野

意匠付きビニル床タイル Luxury Vinyl Tile

多彩なデザインの選択肢と優れた耐久性能を持つ床材

素材ライブラリー・コンサルティング

Material ConneXion Tokyo

Material ConneXion Tokyoの運営と 素材活用のコンサルティング

ー技術ー

【生産技術 -産業資材事業-】

製品開発の根幹を担う、産業資材事業の生産技術を紹介

Page top