アメリカで医療機器の受託生産を手掛ける企業を買収

2018年6月27日

NISSHA株式会社

NISSHA株式会社(以下、当社)のメディカルテクノロジー事業部は、2018年6月25日、連結子会社であるGraphic Controlsグループを通じて、医療機器の受託生産を行うSequel Special Products, LLC(以下、Sequel)および、その関連会社で医療機器の製品開発や製品設計を手掛けるRSS Design, LLC(以下、RSS)の株式を取得し、子会社化しましたのでお知らせします。

2016年9月、当社はアメリカの医療機器メーカーGraphic Controlsグループを買収・子会社化すると同時にメディカルテクノロジー事業部を新設し、医療機器分野への本格的な事業参入を果たしました。現在は当社のコア技術(印刷、コーティング、ラミネーション、成形、パターンニング)との関連性が高い医療用電極や手術用器具など、世界市場で成長が見込まれる心疾患用途の製品を主力としています。同事業は大手医療機器メーカー向けに受託生産事業を展開するとともに、病院向けには自社ブランド品を生産・販売しています。今後は製品開発や製品設計などの能力の充実を図るとともに、特徴ある製品群の拡充により、持続的な成長を目指しています。

メディカルテクノロジー事業部は、大手医療機器メーカーが研究開発やマーケティング活動に注力し生産工程をアウトソーシングする傾向を強めていることから、受託生産事業の拡大による成長を主要な戦略のひとつに掲げています。同事業は、カテーテルやカテーテルガイドワイヤーなどの低侵襲医療※1向けの医療機器や手術用器具に加え、電気外科手術向けの電極、診断用検査機器などを生産しています。今回の買収によりメディカルテクノロジー事業部は受託生産における新たな販路に加え、生産能力の増強とともに、製品開発や製品設計の機能の拡張により、開発、生産、販売に至るバリューチェーンの付加価値向上による業績の拡大を図ります。

Sequelの製品は、現在日本国内では生産・販売しておりません。
※1: 検査・治療においてできる限り患者の身体への影響を減らした医療

Sequelの概要

商号 Sequel Special Products, LLC
所在地 1 Hillside Drive, Wolcott, CT 06716, U.S.A.
代表者 Scott Debisschop
設立 1994年
事業内容 低侵襲医療向けや整形外科向けの手術用器具の受託生産
売上高 売上高 23.5百万ドル(約2,585百万円)(2017年12月期)
*為替レートは、1ドル=110円としています。
公式ウェブサイト http://www.sequelmedical.com/

RSSの概要

商号 RSS Design, LLC
所在地 1 Hillside Drive, Wolcott, CT 06716, U.S.A.
代表者 Jeff Radziunas
設立 2013年
事業内容 医療機器の設計および試作
売上高 売上高 1.9百万ドル(約209百万円)(2017年12月期)
*為替レートは、1ドル=110円としています。

Graphic Controlsグループの概要

所在地 400 Exchange Street, Buffalo, NY 14204, U.S.A.
代表者 Sam Heleba(President and CEO)
NISSHA株式会社 上席執行役員 メディカルテクノロジー事業部長
創業 1909年
従業員数 1,072人(Graphic Controlsグループ連結、2018年3月末現在)
事業内容 医療機器、ビジネスメディアの生産・販売
売上高 163,152千米ドル(2017年12月期)(Graphic Controlsグループ連結)
公式ウェブサイト http://www.graphiccontrols.com

Graphic Controls

今後の見通し

本件に伴う当社の連結業績に与える影響は軽微と見込んでいます。今後、業績予想修正の必要性および公表すべき事項が生じた場合には速やかに開示いたします。
・掲載の内容は、発表時の情報であり、以後予告なしに変更されることがあります。計画・目標は、リスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
・「NISSHA」は、NISSHA株式会社を表し、「NISSHAグループ」は、NISSHA株式会社とそのグループ会社の総称を表します。

Page top