当社の人材育成

NISSHAの人材育成

NISSHAでは、「人材=最も重要な経営資源」と位置づけ、会社にとって必要な経験や能力を持った人材の育成と、社員一人ひとりの成長支援を積極的に行い、会社と社員がともに成長できる企業を目指しています。

人材育成イメージ

計画的人材育成

会社の成長戦略や事業の維持発展に必要な経験や能力を持った人材を確保するために、育成ローテーション(異動)や選抜研修を行い、必要人材を計画的に育成していきます。

能力開発

自分の価値を高めるために自ら能力開発をする、意欲のある社員に対しては、さまざまな研修や自己学習の機会を提供し、積極的に支援をしていきます。

キャリア開発

職業人としての節目(例えば30歳になったとき、管理職になったときなど)では、それまでの自分を振り返り、これから自分はどうなりたいのかをしっかり考える機会を持ち、育成ローテーション(異動)と併せて、中長期的なキャリア形成の支援をしていきます。

具体的な人材育成の方法としては、仕事そのものの指導はもちろんのこと、上司が社員一人ひとりに応じた目標設定と、評価を通じた指導やアドバイスを行います。 研修制度では各種プログラムを取り揃え、目的に応じて「必須型」「選択型」「選抜型」研修を実施しています。また、通信教育をはじめとする自己啓発に対しては、その費用の一部を補助するなど、社員の能力開発を積極的に支援しています。 さらに、社員の中長期的な成長を目的とした育成ローテーション(異動)を、個別に行っています。

NISSHAが求める人材像

当社に入社されるみなさんに期待することは、まず「誠実」であることです。
何事に対しても、偽ったりごまかしたりせず、責任感をもって「誠実」に取り組むことは、当社が最も大切にする価値観であり、すべての基本と考えています。

その上でNISSHAでは、1.自律型人材であること、2.チャレンジングな人材であること、3.グローバル人材であること、を社員に求めています。

人物像イメージ

自律型人材

『企業理念と経営ビジョンに沿って、自ら考え、自ら行動する人材(ReactiveからProactiveへ)』
これは、会社が示す企業理念や経営ビジョンを実現するために、自分は何をすべきか(What)、どのようにすべきか(How)、を自ら考え、自ら行動す る、ということです。上司からの指示をしっかりと遂行することは言うまでありませんが、たとえ若手社員であっても、いつも具体的な指示を待っている(指示待ち 型=Reactive)のではなく、上司の考え方や方向性を理解した上で、常に問題意識を持ちながら、自ら考え、自ら行動できる(先取り型=Proactive)人材であってほしい、と考えています。

チャレンジングな人材

『変化を迅速に捉えて、果敢に挑戦していく人材』
会社を取り巻く環境は急速なスピードで変化し続けており、私たちは常に迅速な対応が求められます。時には、今までの考え方ややり方を根本的に変えなければならないこともあり、そこにはさまざまな困難を伴います。しかし、変化を恐れ、変化を避けていれば、お客さまが求める価値を提供できずに、いずれ市場原理の中で淘汰されてしまうでしょう。
みなさんには、変化をむしろチャンスと捉え、自らが変わることを恐れずに、果敢にその変化に挑戦していく、チャレンジングな人材であってほしい、と考えています。

グローバル人材

『グローバルな視点でビジネスを発想し、実行できる人材』
NISSHAの事業や技術の領域は全世界が対象であり、ビジネスチャンスはワールドワイドに広がっています。このため、勤務地が国内か海外かを問わず、海外のお客さまと仕事をする場面も多く、部門によっては、若いうちから海外出張する機会もあります。
みなさんには、常にグローバルな視点で物事を発想し、かつ、それを実行するための行動力を持った、情熱あふれる人材であってほしい、と考えています。

Page top