税務方針

NISSHAグループは、「NISSHAグループ税務方針」に基づき、各国・地域の税法を順守することで、企業の社会的責任を果たします。

NISSHAグループ税務方針

■基本方針
NISSHAグループは、各国・地域の税に関する法令・制度を順守し、税務リスクの最小化をはかるとともに、企業価値の向上に努めます。
NISSHAグループは、真のグローバル企業を目指し、OECDやBase Erosion Profit Shifting(BEPS)のプロジェクトなど国際的な税務フレームワークの動向を注視し、その変化に対して適切な対応に努めます。

1.タックスプランニングに対するグループの姿勢
 NISSHAグループは、事業目的と事業実態を備えた取引を行うとともに、タックスプランニングを実施する場合においても、適法・適正かつ効率的に行います。
私たちは、税金は事業計画における検討要素の一つであると考えており、正常な事業活動の範囲内で利用可能な優遇税制を適用しますが、租税回避を主たる目的としたものや、事業実態を伴わない取引は行いません。

2.グループが許容可能な税務に関するリスクの範囲
NISSHAグループは、税務問題を扱う際には、税務リスクを可能な限り最小限に抑える方針です。
また、こうしたリスクを軽減するために、各国・地域の税務リスクを特定、評価、管理することに取り組み、リスクに関して、重大な不確実性や複雑さがある場合は、外部からの助言を求めます。

3.各国税務当局との関係に関するグループのアプローチ
NISSHAグループは、適時適切に税務情報を提出することで、各国・地域の税務当局と良好な信頼関係を構築・維持できると考えています。
そのため、各国・地域の法令や制度に従って適切に税務申告・税金納付を行い、当局からの求めに応じて、適切かつ協力的な情報提供に努めています。
問題点の指摘等を受けた場合には、税務当局の措置・見解に対する異議申し立てを行う場合を除き、ただちに是正に取り組み、再発を防止します。

4.税務に関するリスクマネジメントおよびガバナンス体制に関するアプローチ
NISSHAグループの税務リスクは、NISSHAグループの税務戦略を担当する最高財務責任者(CFO)の判断のもと管理されており、その内容は、CFOを通じて、適宜取締役会へ報告されます。
また、法令の適用・解釈に関して不確実性がある場合は、外部専門家へ助言を求めた上で適切な対応を行います。

5. 英国における税務戦略
2016年9月に英国において、企業の税務戦略の開示に関する法令が発効されました。
NISSHAグループの税務方針は当該法令の要求を満たしたものとなっています。


 
2017年12月25日

 

Page top