企業倫理・コンプライアンス

企業倫理・コンプライアンス指針

Nisshaグループが掲げている「企業理念」「私たちの価値観」および「企業倫理・コンプライアンス指針」に基づく基本的な取り組み事項を定めるとともに、適切に運用していくことを目的として、重点13項目を設定しています。そして、すべての役員および社員が、企業倫理・コンプライアンスの推進・徹底に取り組んでいます。

企業倫理・コンプライアンス指針

  1. 高い倫理観をもち、法や社会ルール、社内規程を順守し、良識と責任のある行動をします。
  2. 私たちは、お客さま、株主、サプライヤー、地域社会、社員などのステークホルダーとの共生に努めます。
  3. 企業倫理・コンプライアンス行動マニュアル」に反する行為や疑わしい行為を発見したら、直ちに上司またはホットラインに通報、相談します。

重点13項目

お客さま・サプライヤーとの関係
  1. 自由公正な競争
  2. 腐敗行為の禁止
  3. 製品の品質・安全性
  4. 知的財産の保護
  5. 情報・資産の適切な取り扱い
  6. 輸出入法規の順守
 
株主さまとの関係
  7. 会社情報の取り扱い
  8. インサイダー取引規制の順守
 
地域社会との関係
  9. 環境保全
10. 地域・社会貢献
11. 反社会的勢力との関係断絶
 
社員との関係
12. 人権の尊重
13. 安全衛生と快適な職場環境

推進体制・取り組み

日本写真印刷は、Nisshaグループのすべての国内・海外拠点に企業倫理・コンプライアンス推進責任者、推進担当者を設置しています。責任者・担当者は、各部門で研修を実施するだけでなく、組織マネジメントを通じて企業倫理・コンプライアンスを実践するとともに、事案対応についての法務部との相談窓口、さらには、職場内における身近な相談窓口としての役割を担っています。

毎年10月を「企業倫理・コンプライアンス強化月間」として、全社一斉研修を行っています。2015年度は、業務の内容や拠点の法令・慣習に応じた研修を各部門で行いました。また、「人権の尊重」「情報の適切な取り扱い」を主要テーマとして、各部門でディスカッションをしました。研修の参加者にはアンケートを実施し、分析結果をフィードバックするとともに、その内容は今後の研修テーマに反映させます。さらに、海外拠点の責任者に対しては、グローバルコンプライアンスの問題として重視される、贈収賄問題のリスク管理についても研修を行いました。

そのほか、インサイダー取引の防止については、定期的な研修でインサイダー取引規制をテーマにするとともに、四半期ごとに社内イントラネットへの掲載を通して啓発活動を行っています。自由で公正な取引を推進するため、適正取引推進マニュアルや、競合他社との情報交換に関する規程などを策定して、社員に周知徹底しています。

国内の生産拠点においては、パワハラ・セクハラを含む職場の人間関係などの問題をより重視し、全社一斉研修以外に、独自に人権の尊重をテーマとした研修を実施しています。

企業倫理・コンプライアンス体制図

企業倫理・コンプライアンス体制図

Page top