社会との相互信頼に基づいた《共生》の実現に向けて

社会との相互信頼に基づいた《共生》の実現に向けて

NisshaグループのCSRは、企業理念に掲げる「広く社会との相互信頼に基づいた《共生》」の実現です。「基本的CSR」では、EICC (Electronic Industry Citizenship Coalition;グローバルな電子業界の行動規範) の順守やお客さまからのCSR要請への対応を通して、企業としての強固な土台作りを推進しています。また、「戦略的CSR」ではマテリアリティ(重要課題)を特定し、中長期的な企業価値向上に取り組んでいます。
当サイトでは、2015年度の活動を中心に、NISSHAのCSRをご紹介しています。

CEOメッセージ

代表取締役社長 兼 最高経営責任者 鈴木 順也より、ステークホルダーのみなさまへのメッセージです。

NISSHAのCSR

マテリアリティ(重要課題)を特定し、
CSR委員会を中心としたマネジメントを推進。
ステークホルダーのみなさまとともに
持続可能な社会の構築を目指します。

組織統治

社会的責任を果たし、持続的な成長と
企業価値の向上を図るため、
コーポレートガバナンス基本方針を制定しました。
経営の透明性を高め、コーポレートガバナンスの
強化に取り組んでいます。

人権

労働・人権に関する基本方針を制定し、
国際規範・法令を順守するとともに
マネジメントシステムの構築・運用を進めています。

労働慣行

人材はもっとも重要な経営資源です。
多様な社員が多様な働き方によって、
それぞれの能力を最大限に発揮できる
環境づくりや人材育成に取り組んでいます。

環境

環境方針に「事業の発展と持続可能な
社会の実現を目指す」ことを掲げ、
環境リスクの低減と汚染の防止、
機会の創出に努めています。

公正な事業慣行

社会に責任ある企業として、公正な事業慣行は最重要課題です。グローバル基準を取り入れ、お客さまに安心して選んでいただけるNISSHAを目指しています。

消費者課題

お客さまに満足し喜んでいただける製品・
サービスの提供を目指して、品質方針のもと、
プロアクティブな品質向上に取り組んでいます

地域社会とともに

社会に役立つ企業を目指し、地域のみなさまとの
積極的なコミュニケーションを推進するとともに、
社会貢献基本方針に沿って活動しています。

おすすめコンテンツ

Page top