決算のポイントと業績の見通し

業績推移  *2018年5月10日更新

NISSHAの業績グラフ

2017/3期より、海外子会社等の業績換算レートを変更しました。本グラフにおける2016/3期以前の業績は変更前の数値です(遡及適用しておりません)。
2017年度より決算期を3月31日から12月31日に変更しました。2017/12期は決算期変更に伴う経過期間のため、2017年4月1日から2017年12月31日までの9カ月決算です。

2018年12月期第3四半期連結累計期間 (1-9月) 決算のポイント

第3四半期連結累計期間においては、ディバイス事業では上半期に低調だった製品需要が下半期に入り拡大基調となったほか、メディカルテクノロジー事業では企業買収による成長戦略の業績貢献が始まりました。

※前連結会計年度より決算期を3月31日から12月31日に変更しました。これに伴い、決算期変更の経過期間である前連結会計年度は2017年4月1日から2017年12月31日までの9カ月間となっています。このため、以下の記述において、当第3四半期連結累計期間の業績は前年同一期間である2017年1月1日から2017年9月30日までの業績と比較しています。

  2017年
1-9月
実績
2018年12月期
1-9月
(第3四半期累計)
実績
前年同期比

売上高

(百万円)

128,978 140,860 +9.2%

EBITDA

(百万円)

7,748 8,966 +15.7%

営業利益

(百万円)

△434 1,958 黒字化

経常利益

(百万円)

△426 1,395 黒字化

親会社株主に帰属する四半期純利益

(百万円)

△2,211 451 黒字化
各事業の業績は以下のとおりとなりました。

産業資材事業: 連結売上高は345億18百万円(前年同期比5.0%減)、EBITDAは31億88百万円(前年同期比22.7%減)、営業利益は4億6百万円(前年同期比66.2%減)
主力の自動車向けの製品需要は堅調に推移したものの、その他の製品需要は想定をやや下回りました。また、一部の海外工場で生産歩留まりが当初想定を下回るなど、品質コストの削減に課題が残りました。

ディバイス事業: 連結売上高は800億41百万円(前年同期比15.7%増)、EBITDAは64億12百万円(前年同期比40.1%増)、営業利益は41億71百万円(前年同期比269.9%増)
主力のスマートフォン向けの製品需要が7月以降拡大基調に転じたことに加え、好調な生産歩留まりにより事業収益が改善しました。

メディカルテクノロジー事業: 連結売上高は160億15百万円(前年同期比22.2%増)、EBITDAは13億33百万円(前年同期比98.6%増)、営業損失は11百万円(前年同期は5億28百万円の営業損失)
主力の受託生産分野を中心に製品需要は堅調に推移したことに加え、買収企業の業績を連結したことにより事業規模が拡大しました。
※ライフイノベーション事業は、2018年1月より、メディカルテクノロジー事業に改称しました。

情報コミュニケーション事業: 連結売上高は99億61百万円(前年同期比1.7%減)、EBITDAは2億60百万円のマイナス(前年同期は1億65百万円のマイナス)、営業損失は4億31百万円(前年同期は3億14百万円の営業損失)
主力の商業印刷分野で情報メディアの多様化における印刷物の減少などの影響があり、事業環境は厳しいものとなりました。
なお、情報コミュニケーションは2018年9月4日に事業収益の改善を目的とした事業再編策を発表しました。本事業再編は2019年1月7日から運用を開始する予定です。

2018年12月期 通期の見通し

主力のディバイス事業では下半期に入り製品需要が拡大基調に転じました。引き続き当社の業績を牽引する見通しです。産業資材事業の製品需要はやや弱含みですが、メディカルテクノロジー事業では企業買収による業績貢献により事業規模が拡大する見通しです。
  2017年12月期
通期
(1-12月)
2018年12月期
通期
(1-12月)
計画
前年同期比

売上高

(百万円)

193,481 217,000 +12.2%

EBITDA

(百万円)

15,100 20,000 +32.4%

営業利益

(百万円)

4,004 10,200 +154.7%

経常利益

(百万円)

4,936 9,000 +82.3%

親会社株主に帰属する当期純利益

(百万円)

2,681 7,000 +161.1%
※当社グループではグローバルベースの事業拡大や海外連結子会社の増加などの状況を踏まえ、第6次中期経営計画の運用開始に合わせて新たにEBITDAを主要な収益指標に採用することとしました。
なお、EBITDAは、営業利益+減価償却費+のれん償却費としています。

業績・財務についての詳しい情報はこちら

経営戦略についての情報はこちら

Page top