サステナビリティ推進体制

NISSHAは、代表取締役社長を委員長とし、取締役常務執行役員(ESG推進部長)を副委員長とするサステナビリティ委員会を設置しています。同委員会は、「事業機会の創出」「リスクの低減」「経営基盤の強化」「ガバナンスの推進」のそれぞれのテーマについて関連する事業組織や部門およびタスクフォースで構成され、連携し活動しています。

タスクフォースは、ESGの観点から特に推進が必要と考えられる「多様な人材の活躍、グローバル人材・経営人材の育成」「人権の尊重」「気候変動への対応」のテーマについて設置しており、当社におけるそれぞれの活動を加速させる役割を担っています。

サステナビリティ委員会は年1回総会を開催し、取締役会で決議されたマテリアリティに基づいて主管する事業組織や部門およびタスクフォースが設定したKPI・アクションアイテムを承認します。また月次に行われるビジネスレビューや四半期ごとに開催される進捗確認会議において、設定したKPI・アクションアイテムが計画通りに進捗しているか否かを確認しています。それぞれの事業組織や部門およびタスクフォースが、戦略項目やKPI・アクションアイテムのマネジメントを担当しています。

体制図

体制図

Page top