ecoとデザイン性を両立したパルプ成形技術Nissha PAXを開発

2012年11月7日

日本写真印刷株式会社

日本写真印刷株式会社は、PIM(パルプ射出成形:Pulp Injection Molding)を用いたパルプ成形同時加飾技術を開発しました。今回開発した技術で成形されたパルプ成形品は、その90%以上が自然由来の素材で構成されており、またオフセット印刷で加飾されたFiberFormという特殊な用紙をインサート成形することで、ecoとデザイン性を両立するという既存のパルプ成形品にない特徴を持っています。

※Nissha PAXは日本写真印刷株式会社の登録商標です。
※PIMは大宝工業株式会社(本社:大阪府守口市)の登録商標です。
※FiberFormはBillerud AB(本社:スウェーデン、ストックホルム)の登録商標です。

Nissha PAX

Nissha PAX

開発の背景

パルプ成形品とはパルプを原料とした紙成形品で、包装緩衝材や各種容器として幅広い用途で使われています。しかし従来のパルプ成形品には、強度を保つための添加剤や、成形するための凝固剤などが使用されており、必ずしも環境に良いとは言えませんでした。また、樹脂成形品のような加飾を施すことはできませんでした。
近年、環境に関するメーカーや消費者の意識が高まるとともに、現在樹脂が使われているパッケージや雑貨市場での代替としてデザイン性が求められています。そうしたニーズに応えるため、当社が培ってきたIMDおよびIMLの技術を生かし、パルプ成形技術を開発しました。
 

Nissha PAXの特長

長所 紙独特の触感とデザイン性
紙としてリサイクルが可能
生分解性能 約6カ月で土中分解
寸法精度、強度は汎用樹脂と同等
比重が軽い(0.85程度)
短所 高温多湿には弱い(吸湿寸法変形±0.5%)
ウェルド部は強度が劣る(虫害、獣害の恐れあり)

本件に関するお問い合わせ

日本写真印刷株式会社 事業開発部
・掲載の内容は、発表時の情報であり、以後予告なしに変更されることがあります。計画・目標は、リスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
・「NISSHA」は、NISSHA株式会社を表し、「NISSHAグループ」は、NISSHA株式会社とそのグループ会社の総称を表します。

Page top