日本初!iBeaconで、お客さまの行動を見える化するO2Oシステムを開発開始

2013年12月16日

日本写真印刷株式会社

日本写真印刷株式会社は、「iBeacon」を使ってお客さまの行動を見える化する、O2O (Online to Offline)システム、「ストアビーコン」の開発を開始しました。
従来のO2Oでよく使われているNFCのデメリットは、iPhoneで使えないことでした。「ストアビーコン」は、O2Oの切り札と言われるiOS7の新機能「iBeacon」を採用することでそのデメリットを克服します。さらにクーポン発行などのプロモーション機能だけでなく、お客さまのリアルな行動をネット解析ツールのように把握することを目指しています。例えば、従来把握することが不可能だった「通行人が実店舗に来店した人数」や「来店者のリピート率」「お客さまの商品への接触率」などの測定が可能となるように開発を進めていきます。

ストアビーコンイメージ

ストアビーコンイメージ

※ストアビーコンは、2013年12月13日時点自社調べで日本初のサービスです。
※iBeaconとは、iPhoneのiOS7に標準搭載されたことで、現在注目を集めているBluetooth low energy(以下、BLE)を使った新技術です。従来オンラインの告知から実際に店舗に誘導するO2O施策を行う場合、NFC(近距離無線通信)が使われることが多くありました。しかし、NFCはiPhoneに非対応のためO2O全体が伸び悩んでいる状況です。iBeaconはiPhoneに標準対応し、BLEという汎用技術を使っているため、Android端末へも適用が可能です。このような経緯からiBeaconは、O2Oの切り札として注目を集めています。

お客さまの実店舗での行動を数値で把握

ネットではユーザーの行動を細かく分析できるのに、リアルではなぜできないのか?そんな問題意識から「ストアビーコン」の開発はスタートしました。「ストアビーコン」は、iBeaconを使う上で必須となるBLEの端末と、アプリ用のAPI(サーバー)をセットで提供します。店内に「ストアビーコン」のBLE端末を設置し、スマートフォンのアプリにAPIを組み込むだけでサービスを導入できます。双方を組み合わせることで、プロモーションと連動したユーザーの実店舗でのお客さまの行動を把握することを目指しています。

<ストアビーコンの機能例>

ストアビーコン ロゴマーク

ロゴマーク

  • 周辺の歩行者がどのくらい来店したか
  • お客さまが店舗の中で、どの売り場を巡ったか
  • 来店者のリピート率や滞在時間
  • 店舗内で特定の商品への接触率

行動をグラフィカルに見える化

「ストアビーコン」では、お客さまの実店舗での行動を数値で把握するのはもちろん、グラフィカルな分析ツールをご提供します。分析ツールによる見える化で、より直感的に店舗間の差異などを把握することを目指します。

お問い合わせ

日本写真印刷株式会社
情報コミュニケーション事業部
新規ソリューショングループ 
※iPhoneはApple Inc. の商標です。
・掲載の内容は、発表時の情報であり、以後予告なしに変更されることがあります。計画・目標は、リスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
・「NISSHA」は、NISSHA株式会社を表し、「NISSHAグループ」は、NISSHA株式会社とそのグループ会社の総称を表します。

Page top