世界最小消費電力の「無線式電池駆動水素検知器」をイノベーション・ジャパン 2014に出展

2014年9月9日

日本写真印刷株式会社

Nisshaグループ会社のエフアイエス株式会社は、9月11日と12日に東京ビッグサイトで開催される「イノベーション・ジャパン 2014」に、開発中の無線式電池駆動水素検知器を出展します。
今回展示した検知器は、超小型ビーズ形状の半導体式ガスセンサーを間歇駆動をすることで、世界最小*となるの超低消費電力化(0.01mW)を実現します。これにより、検知器の電池駆動式、小型・軽量化(および無線化)を可能にしました。
水素ガスの利用が注目されるなか、安全性の確保は不可欠のテーマです。この検知器は、商用電源がない水素貯蔵・搬送場所や水素消費場所にも自由に設置して、水素ガスの漏洩を検知できます。2017年の販売を目指しています。

*2014年8月時点当社調べ。

開催概要

展示会名 イノベーション・ジャパン2014
主催:独立行政法人 科学技術振興機構
独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構
会期・会場 2014年9月11日9:30~17:30, 12日 10:00~17:00
東京ビッグサイト(東京国際展示場)東1ホール
展示詳細 無線式電池駆動水素検知器を展示
出典分野:情報通信・装置デバイス
出典ゾーン:NEDO支援企業・研究者
小間番号:IN-13
・掲載の内容は、発表時の情報であり、以後予告なしに変更されることがあります。計画・目標は、リスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
・「NISSHA」は、NISSHA株式会社を表し、「NISSHAグループ」は、NISSHA株式会社とそのグループ会社の総称を表します。

Page top