将来世代支援
—京都府立丹波支援学校でワークショップ「サファリパークを作ろう」を開催—

2018年12月25日

NISSHA株式会社

 2​018年12月7日、NISSHA株式会社は京都府立丹波支援学校(京都府南丹市)において、ワークショップ「サファリパークを作ろう」を実施しました。このワークショップは、当社の社会貢献基本方針に掲げる「将来世代支援」を目的に、NPO法人子どもとアーティストの出会い(理事長 井手上春香氏)と協働で取り組んでいます。

 ワークショップでは、大阪府在住のアーティストHANA★JOSSのお二人がインドネシアの伝統的な音楽である”ガムラン”と影絵”ワヤン”を紹介したあと、参加した中学部15人のみなさん一人ひとりがサファリパークをテーマにワヤン作りに挑戦。ライオンや蛇、お化けなどといったユニークなワヤンを作成しました。そして、HANA★JOSSが奏でるガムランの演奏に乗せて影絵を披露するなど、音楽とアートが融合した楽しいひと時を過ごしました。

 今回、ワヤン作りの材料として、当社のメディカルテクノロジー事業部の製品である単回使用(一回限り使用できる)心電用電極を作品に活用しました。子どもたちの世界観で医療機器に触れる機会となりました。                                                                                                                                 
 

ワヤン(インドネシアの影絵)

ワヤン作り

ガムランの奏でに乗せて
ワヤンを披露

電極を使ったワヤンの作品

・掲載の内容は、発表時の情報であり、以後予告なしに変更されることがあります。計画・目標は、リスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
・「NISSHA」は、NISSHA株式会社を表し、「NISSHAグループ」は、NISSHA株式会社とそのグループ会社の総称を表します。

Page top