新たにプラセンタエキスやEGFなどを美容成分とするマイクロニードルの開発に成功
—スキンケア分野で原料を手掛けるホルスと協業—

2019年2月6日

NISSHA株式会社

  NISSHA株式会社(以下、NISSHA)は、化粧品や医薬部外品の原料を手掛ける株式会社 ホルス(以下、ホルス)と協業し、新たにプラセンタエキスやEGF(上皮細胞増殖因子)などの美容成分を配合した生体内溶解性マイクロニードル(以下、マイクロニードル)の開発に成功しました。今後、NISSHAはこれらのマイクロニードルを新たなスキンケア製品として、化粧品メーカー向けに事業展開を進める予定です。

  マイクロニードルとは、美容成分などの有効成分を0.1mmレベルの微細なニードル状に成形したものです。皮膚に貼付できるようにパッチ状に加工することで、体内の目的箇所へ有効成分を効率的に送達することができ、次世代の経皮吸収投与法として化粧品業界などにおいても注目されています。 
  NISSHAはコア技術として有する高精度の成形技術、ラミネーション技術などを活用し、ヒアルロン酸を主剤としたマイクロニードルの開発に成功しています。スキンケア製品として、2012年からは量産を開始し、現在はその販売も手掛けています。
 
  スキンケア用途のマイクロニードルに含まれる美容成分の主剤はヒアルロン酸です。化粧品業界においては美容機関などで用いられるプラセンタエキスやEGFなどの成分を配合することが期待されていたものの、従来の処方技術ではそれらの配合が困難なため実現していませんでした。
  今回の協業パートナーであるホルスは、天然物からのエキス抽出で独自の抽出技術を有しており、プラセンタエキスを中心に化粧品・医薬部外品・健康食品・医薬品原料の分野で原料の製造・販売を行っています。NISSHAは、ホルスの技術協力のもと、美容成分をマイクロニードル化するための最適な配合条件を確立し、新たにホルスの国産プラセンタエキスや国産EGFなどの高品質な原料を配合することに成功しました。

  NISSHAは今後これらのマイクロニードルを、プラセンタエキス注入やEGF注入などの美容機関で実際に行われている施術に着想を得た先端スキンケア製品として、化粧品メーカー向けに事業展開を進める予定です。

ホルス 会社概要

商号 株式会社 ホルス
本社所在地 東京都中野区中野3-3-5
代表者 代表取締役 三井 幸雄
事業内容 化粧品・医薬部外品・健康食品・医薬品原料の製造販売

お問い合わせ

ご要望やご質問があればお気軽にお問い合わせください。

化粧品製造業許可 (許可番号:26CZ200065)
医薬部外品製造業許可 (許可番号:26DZ200024)
化粧品用途マイクロニードルパッチのODM・OEM生産、共同開発を行っています。
・掲載の内容は、発表時の情報であり、以後予告なしに変更されることがあります。計画・目標は、リスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
・「NISSHA」は、NISSHA株式会社を表し、「NISSHAグループ」は、NISSHA株式会社とそのグループ会社の総称を表します。

Page top