オリンパスグループのノーウォーク工場の
資産買収契約締結に関するお知らせ

2020年8月6日

NISSHA株式会社

 NISSHA株式会社(以下、当社)のメディカルテクノロジー事業の連結子会社であるNissha Medical Technologies(本社:アメリカ、以下NMT)は、オリンパスグループのOlympus Surgical Technologies America (本社:アメリカ、以下OSTA)との間で、同社のノーウォーク工場(オハイオ州)の資産買収に関する契約を締結しましたので、お知らせします。なお、買収の完了は2020年第4四半期を予定しています。

 NISSHAの医療機器事業を担うNMTは、医療機器の「受託設計・製造」、患者のモニタリングや手術用の消耗品を病院向けに販売する「ヘルスケアソリューション」、消耗品をお客さまブランドの製品として販売できるようお手伝いする「プライベートブランド」の3つの分野で事業展開しています。「受託設計・製造」分野では、単回使用(シングルユース)の医療機器を、一連のプロセスで製造するノウハウを有しており、大手医療機器メーカーの信頼できるグローバル・パートナーとして、高品質な医療機器の受託設計・製造を数十年にわたって展開しています。グローバルな事業拠点の能力を活用し、お客さまの求める仕様とスケジュールにお応えしています。

 今回の買収は、NMTのグローバルな受託製造サービスの垂直統合をさらに進め、すべてのお客さまに価値を提供するものです。NMTは金属加工分野での設計・製造能力を強化するとともに、北米における生産能力を拡充し、グローバルな事業展開と成長を実現します。

 今回の買収対象となるノーウォーク工場は、現在は泌尿器・婦人科向けの硬性鏡、治療機器系製品の部品などを製造しています。同工場は、オリンパスの医療分野の中でも高い成長性を有する治療機器事業の主要工場の一つです。

 ノーウォーク工場の買収に加え、OSTAの製造ラインの一部をNMTに移管すること、OSTAの他のプロジェクトの設計・開発・製造にNMTが共同参画することについても両社は合意しました。

買収対象の概要

事業内容 泌尿器・婦人科向け硬性鏡、治療機器系製品の部品などの製造
対象拠点 オハイオ州ノーウォーク
従業員数 111人(2020年4月現在)
売上高 約5,500百万円(2025年12月期の見通し)

今後の見通し

 本件に伴う当社の今期の連結業績に与える影響は軽微と見込んでいます。今後、業績予想修正の必要性および公表すべき事項が生じた場合には速やかに開示いたします。
・掲載の内容は、発表時の情報であり、以後予告なしに変更されることがあります。計画・目標は、リスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
・「NISSHA」は、NISSHA株式会社を表し、「NISSHAグループ」は、NISSHA株式会社とそのグループ会社の総称を表します。

Page top