SEMICON Japan 2016に最先端の開発品を出展

2016年12月9日

日本写真印刷株式会社

日本写真印刷株式会社は、12月14日~16日まで東京ビッグサイトで開催される、マイクロエレクトロニクス国際展示会、SEMICON Japan 2016に出展します。ブース(小間番号3831)では、当社が開発に取り組んでいる最先端の製品デモ機を展示します。

展示品例

大面積荷重分布センサー

大面積荷重分布センサー

大面積荷重分布センサー

モバイル製品用のタッチセンサー技術を応用し荷重分布をセンシング、歩行するだけで歩行の特徴を瞬時に解析します。大面積化によりセンサーの存在感がなく、普段の歩行を計測できます。タイル状のセンサーを連結することにより、長さの拡張・縮小が可能で設置場所を選びません。スポーツなど、運動指導などへの利用を想定しています。

*参考出展

非接触生体センサー

非接触生体センサー

非接触生体センサー

イスに座るだけで生体情報を計測することができます。機器を身に着けることなく計測が可能で、意識することなく長期間の計測がしやすくなります。フレキシブルなセンサー基材の採用で、自然な座り心地を実現しました。

*参考出展

展示会概要

展示会名 SEMICON Japan 2016
会期・会場 2016年12月14日–16日 10:00~17:00
東京ビッグサイト 東展示棟・会議棟 東3ホール
WORLD OF IoTエリア 小間番号3831
展示品 大面積荷重分布センサー
非接触生体センサー
無線センサーネットワーク
フレキシブルフォースセンサー
公式Webサイト SEMICON Japan 2016

お問い合わせ

ご要望やご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe® Reader®が必要です。
最新のプラグインは左のアイコンからダウンロードできます。

・掲載の内容は、発表時の情報であり、以後予告なしに変更されることがあります。計画・目標は、リスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
・「NISSHA」は、NISSHA株式会社を表し、「NISSHAグループ」は、NISSHA株式会社とそのグループ会社の総称を表します。

Page top