素材メーカーのクラレ、印刷・成形技術のNISSHAがコラボレーション

ー人工皮革〈クラリーノ〉を利用した「マテリアルインサート」を共同開発ー

2019年12月20日

NISSHA株式会社

2019年12月20日

NISSHA株式会社
クラレ株式会社

 NISSHA株式会社(本社:京都市、以下NISSHA)と株式会社クラレ(本社:東京都千代田区、以下クラレ)は、人工皮革〈クラリーノ〉を利用した「マテリアルインサート」を共同開発し、両社の有する販売チャネルを通じて販売を開始しました。
 〈クラリーノ〉は高級感がありながら機能性やメンテナンス性に優れたクラレの人工皮革、「マテリアルインサート」は布や木、革など素材のもつ触感や特性をそのまま活用することが可能なNISSHAのインサート成形技術です。NISSHAの持つ高度な印刷・成形技術と〈クラリーノ〉の持つ素材特性のコラボレーションにより、高い質感と信頼性、美しさを兼ね備えた素材製品を提供いたします。主な対象市場として、CASEの潮流の中でシームレスな内装や新たなUIへの需要が高まっている自動車などのモビリティ、ライフスタイルに調和する外装が求められているコンシューマー・エレクトロニクスなどを想定しています。
1.〈クラリーノ〉の特徴
  • 〈クラリーノ〉は、天然皮革の構造を化学の力で再現したクラレの人工皮革です。マイクロファイバー不織布層にポリウレタン樹脂を含浸させることで、しなやかで上質な触感を実現しています。
  • 高級感がありながら機能性やメンテナンス性にも優れており、ファッション、インテリア、スポーツ用品などさまざまな製品に採用されています。
2.「マテリアルインサート」の特徴
  • 素材の持つ触感や特性をそのまま活用可能なインサート成形技術です。
  • 光透過やタッチスイッチ等の機能付加にも対応可能です。
3.「マテリアルインサート」 with 〈クラリーノ〉の特徴
  • 〈クラリーノ〉を自由な形状にインサート成形することができます。
  • 複雑で立体的な造形や機能付加にも対応し、シームレスかつスタイリッシュなデザイン・設計に貢献します。

「マテリアルインサート」 with 〈クラリーノ〉

「マテリアルインサート」 with 〈クラリーノ〉

製品への展開イメージ

製品への展開イメージ

NISSHAの概要

 1929年、高級美術印刷を志向して京都市で創業。印刷技術にラミネーション、コーティング、成形などの技術要素を融合させながら常にコア技術の拡充を図り、製品と対象市場の多様化、グローバル市場への進出などを通じて事業領域の拡大を実現してきました。現在は、産業資材、ディバイス、メディカルテクノロジー、情報コミュニケーションの4事業を展開しています。

クラレの概要

 1926年、岡山県倉敷市で、人工の絹糸といわれるレーヨンの企業化を目的に設立。1950年には世界で初めて合繊繊維ビニロンの事業化に成功。1964年には天然皮革の構造と性能を化学の力で再現した人工皮革〈クラリーノ〉を開発。その後、繊維で培った高分子化学・合成化学の独自技術をベースに、世界で競争力を持つビニルアセテート関連事業など化学品分野で業容を拡大。独創的な技術から生まれた世界No1シェア製品をグローバルに展開しています。

PDFファイルをご覧になるにはAdobe® Reader®が必要です。
最新のプラグインは左のアイコンからダウンロードできます。

・掲載の内容は、発表時の情報であり、以後予告なしに変更されることがあります。計画・目標は、リスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
・「NISSHA」は、NISSHA株式会社を表し、「NISSHAグループ」は、NISSHA株式会社とそのグループ会社の総称を表します。

Page top