「2022 IMDA Awards」の
「 Best Use of IMD for Capacitive Touch Applications」を受賞

2022年10月31日

NISSHA株式会社

当社グループが手掛けるIMD製品が「2022 IMDA Awards(主催:米国 In-Mold Decorating Association (IMDA※)」の「Best Use of IMD for Capacitive Touch Applications」部門で首位を獲得しました。同賞の受賞は昨年に続き2度目となります。

IMDA

受賞したIMD製品は、グローバル家電メーカーElectroluxが販売する北米市場向けハイエンド冷蔵庫・冷凍庫に取り付けられている操作パネルです。光透過性を備えた金属マット調の美しい外観を高いレベルで実現したことが評価につながりました。
IMD(In-mold Decoration)は、フィルムに印刷された意匠や機能を、樹脂の射出成形時に金型内に挿入することで表面に転写する工法です。加飾フィルムは当社グループ会社のナイテック工業株式会社(滋賀県)で生産し、成形はNissha Eimo Technologies(アメリカ)で行いました。
評価内容(全文):
この静電容量式タッチアプリケーションは、冷凍庫・冷蔵庫の庫内に取り付けられており、金属マット調の外観で光透過性があり、表面に防指紋機能が付されています。この細長い成形品には、加飾フィルムの位置合わせに課題がありましたが、IMD工法が表面形状や装飾の要件を完璧に満たし、高い耐久性を備えた高級感のある外観を実現しました。

※IMDA:成形同時加飾に関連する製品、技術に携わる成形会社、印刷会社、材料・装置メーカーで構成される米国の業界組織

お問い合わせ

ご要望やご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。
・掲載の内容は、発表時の情報であり、以後予告なしに変更されることがあります。計画・目標は、リスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
・「NISSHA」は、NISSHA株式会社を表し、「NISSHAグループ」は、NISSHA株式会社とそのグループ会社の総称を表します。

Page top