IMD・IML

概要

IMD・IMLは成形同時加飾と呼ばれる手法で、射出成形時に金型内に絵柄や機能を付加したフィルムを挟んで成形することで3D形状の成形品の表面に豊かな意匠を表現します。
塗装やシルク印刷、パッド印刷などの従来工法では難しい質感や風合いを再現する工法としてIMD・IMLは自動車内装、モバイル機器、家電製品など幅広い業界で採用されています。当社の加飾技術は、世界のさまざまな製品をより美しく彩り、付加価値の高い製品作りに寄与します。

※IMDおよびIMLは、NISSHA株式会社の登録商標です。
※IMDは「In-mold Decoration」の略語で、射出成形の金型内で転写箔を用いて、加飾と成形を同時に行う技術であることから名付けられた当社独自の造語です。 IMLは「In-mold Lamination」の略語です。
※IMDおよびIMLの詳しい工法については、こちらをご覧ください。

自動車内装パーツ

自動車内装パーツ

家電製品パーツ

家電製品パーツ

主な特長・メリット

  • 複雑な3D曲⾯に美しい意匠を表現できます。
  • 木目・ヘアライン・幾何学調など、さまざまな意匠再現が可能です。
  • 高度な位置合せが可能なため、透過窓、ロゴやアイコンなどを含むアートワークに最適です。
  • 意匠に加え、耐摩耗層や光学機能層などの機能性も製品表面へ付加することが可能です。
  • 成形と同時に加飾できるため大量生産時に大きなコストメリットを発揮します。
  • 薄膜のインキ層で加飾するため、製品中に含まれるVOC(揮発性有機化合物)削減に貢献します。
  • 成形後の二次的な塗装工程を省略でき、省スペース・省エネルギー・プロセス短縮を見込めます。

ラインアップ

さまざまな意匠と機能を融合した製品の提供を実現します。

意匠

お客さまご要望に合わせて、木目・ヘアライン・幾何学調など、さまざまな意匠再現が可能です。

機能

ハードコート(傷付き防止)
製品表面にハードコート層付加します。車載用ナビディスプレイや内装パーツ、モバイル機器・家電パーツで実績があります。
*表面硬度は使用樹脂によって変動します。

反射防止・軽減
  ●AR(Anti Reflection) LR(Low Reflection)
   製品表面に反射防止層を付加し、外光の映りこみを軽減。ディスプレイの視認性が高まります。
  ●AG (Anti Glare)
   製品表面にAG加工(微細な凹凸)を施し光を乱反射をさせ、外光の映りこみを軽減。
   ディスプレイの視認性が高まります。

ディスプレイのギラツキの防止・軽減
高解像度のディスプレイでもギラツキ(スパークル)が発生しにくい特性をカバーパネル表面に付加することが可能です。主に車載ディスプレイでの実績があります。

防指紋性
製品表面に付着した指紋や汚れの拭き取り性を向上させます。車載用ナビディスプレイや内装パーツ、モバイル機器・家電パーツで実績があります。

質感・触感

当社独自の印刷技術とフィルム加工により、製品表面により本物に近い質感・触感を付加します。

 
加飾フィルムの代わりに、リアルマテリアル(本杢・ファブリック等)を扱う事も可能です。

製品の提供方法

フィルム提供を中心に、お客さまのサプライチェーンや生産体制に合わせて提供することが可能です。

  成形品の提供 フィルム+金型の提供 フィルムの提供
成形・加飾 NISSHA お客さま お客さま
金型 NISSHA
フィルム NISSHA

IMD ターンキーシステム

NISSHAグループは、鍵を差し込めばすぐに使えるかのように利便性に優れた“ターンキーソリューション”をお客さまに提供しています。各種成形品の設計から生産までの全プロセスをNISSHAグループがコントロール。お客さまに最適な工程の選定とそれを実現するシステムを提案し、そのなかで発生する各事業者との連絡業務や調整もNISSHAグループがお引き受けいたします。お客さまはNISSHAグループに発注後、工程をモニターすることができ、生産計画のフォローアップが容易にできます。もちろんNISSHAグループ自身が成形メーカーとして製品を供給することも可能です。また、IMDフィルムや金型、フィルム送り装置など製品単体での供給にも対応。お客さまの生産に対して最もメリットのあるかたちで製品を提供しています。

対象市場

お問い合わせ

ご要望やご質問があればお気軽にお問い合わせください。

Page top