Diversity and Inclusion

NISSHAは、多様性を象徴する取り組みの一つとしてKPIに女性管理職比率を掲げ、それを実現するために「働き方の多様化」と「採用の多様化」の2つの施策を進めています。

2つの多様化施策

2つの多様化施策の詳細はこちらをご覧ください。

ダイバーシティに関する基本的な考え方

NISSHAは、自らを変化させながら成長を続ける企業です。その成長の原動力はMission(私たちの使命・存在目的)に示している「多様な人材能力」と「情熱」であり、これらはNISSHAが展開する人事戦略の拠り所となっています。NISSHAは、国籍、人種、性別などの異なるバックグラウンドの人材を結集させ、計画的に育成していくことにより、組織の総合力を高め、Diversity and Inclusionを体現するとともに、一人ひとりが十分に能力を発揮できる職場環境や制度を整えて、社員と会社がともに成長することを目指しています。

NISSHAは2030年に目指す姿(長期ビジョン=サステナビリティビジョン)、および3年後に目指す姿(中期ビジョン)を設定し、そこからバックキャストで毎年の活動目標を掲げ、実行に移しています。人材能力の多様性についても同様にこのような考え方に基づき、2030年に目指す姿に向けて活動目標が掲げられています。

ダイバーシティ

当社では、多様性を象徴する施策の一つとして女性の活躍を推進しており、KPIとして女性管理職比率の向上を掲げています。

管理職の定義は国により一様ではありません。当社ではグローバルベースで新たに管理職の定義を統一し、定期的にモニタリングしています。現在のグローバルベースでの全社員の男女比率は約6(男性):4(女性)ですが、管理職の男女比率は約8(男性):2(女性)と乖離があります。

2030年までに女性管理職比率を女性社員比率に近づけていくために、グローバルベースで女性活躍推進プロジェクトに取り組んでいます。

ダイバーシティに関する基本的な考え方

NISSHAは、自らを変化させながら成長を続ける企業です。その成長の原動力はMission(私たちの使命・存在目的)に示している「多様な人材能力」と「情熱」であり、これらはNISSHAが展開する人事戦略の拠り所となっています。NISSHAは、国籍、人種、性別などの異なるバックグラウンドの人材を結集させ、計画的に育成していくことにより、組織の総合力を高め、Diversity and Inclusionを体現するとともに、一人ひとりが十分に能力を発揮できる職場環境や制度を整えて、社員と会社がともに成長することを目指しています。

NISSHAは2030年に目指す姿(長期ビジョン=サステナビリティビジョン)、および3年後に目指す姿(中期ビジョン)を設定し、そこからバックキャストで毎年の活動目標を掲げ、実行に移しています。人材能力の多様性についても同様にこのような考え方に基づき、2030年に目指す姿に向けて活動目標が掲げられています。
当社では、多様性を象徴する施策の一つとして女性の活躍を推進しており、KPIとして女性管理職比率の向上を掲げています。

ダイバーシティ

管理職の定義は国により一様ではありません。当社ではグローバルベースで新たに管理職の定義を統一し、定期的にモニタリングしています。現在のグローバルベースでの全社員の男女比率は約6(男性):4(女性)ですが、管理職の男女比率は約8(男性):2(女性)と乖離があります。

2030年までに女性管理職比率を女性社員比率に近づけていくために、グローバルベースで女性活躍推進プロジェクトに取り組んでいます。

Page top