カレンダー(2019年)

表紙「醍醐寺 下醍醐 弁天堂前林泉」

表紙

撮影のポイント

撮影年月:2018/5/17 10:11am
天候:曇り
レンズ・その他撮影条件
Canon EOS 5D SR EF24-105mmf/4L IS USM 75.0mm ISO400 f/11.0 1/100
NISSHAエフエイト フォトグラファーの一言
新緑の映える水辺で、吹く風が止む一瞬の合間に撮影しました。

醍醐寺について

醍醐寺は、平安時代、874 年(貞観16 年)に開創されました。山深い醍醐山頂上一帯(上醍醐、下醍醐、三宝院)に、国宝五重塔をはじめ数々の国宝・重要文化財を擁し、1994 年には「古都京都の文化財」の一つとして世界遺産にも登録されています。醍醐寺は、豊臣秀吉の「醍醐の花見」として有名ですが、春に限らず四季折々の景色が、多くの観光客の目を楽しませています。新緑の季節、弁天池に映る青もみじの美しさもまた格別です。

1月 2月「北野天満宮 宝物殿」

1月2月

撮影のポイント

撮影年月:2018/3/7 9:32am
天候:晴れ
レンズ・その他撮影条件
Canon EOS 5D SR EF24-105mmf/4L IS USM 60.0mm ISO200 f/22.0 1/60
NISSHAエフエイト フォトグラファーの一言
絢爛な宝物殿の前で咲く梅の花の色の重なりが美しかったです。

北野天満宮について

北野天満宮は、菅原道真公をご祭神とする全国約1万2000社の天満宮、天神社の総本社であり、「学問の神さま」、「芸能の神さま」として親しまれています。境内には「東風(こち)吹かば匂ひおこせよ梅の花主(あるじ)なしとて春を忘るな」と詠んだ菅原道真公ゆかりの梅50種約1,500本が植えられ、正月明けから開花する早咲きの梅に始まり、最盛期の2月には約2万坪の境内一円で紅白の梅が咲き競います。

Page top